フェアトレード工房のインターンでフィリピン人と働いた経験


フィリピン セブ フェアトレード工房インターンシップ体験談

香鈴 20歳

2017 3/13~20

 

私はフェアトレード工房のインターンシップに参加してフェアトレードに対する思いが変わりました。
インターンに参加する前までは買い手の立場だったのですが売り手の目線を感じことができました。

 

 

商品のすべて一からの手作業で完成までの工程にたくさんの方が関わっていて、人だけではなく思いが詰まっていること、また商品の値段を決めることは難しいと改めて思いました。

 

フィリピンに来て、実際に工房でフィリピンの方と働けた時間は私の中でとても貴重なものになりました。何度失敗しても何回も教えてくれて助けてくれてものづくりの楽しさを感じることができました。

自分がつくったものを誰かが気に入って購入し誰かが生活する上で自分がつくったアクセサリーを付けてくれることを考えるとモチベーションが高まります。

 

 

フィリピン人の器用さにも正直驚きました。
力仕事ができ、手先も器用でセンスもあることは本当に素晴らしいと思います。

その彼らと一緒に働けた時間は私にとって貴重な経験となりました。これを経験で終わらせるのではなく周りの人に広めていきたいと思います。

 

私自身、100%フェアトレードを分かったわけではありませんが、言葉を知り意味を感じるだけでも消費者は気持ちが違うと思います。

また、セシリアさんの話を聞けたことでより一層フィリピンやフェアトレードへの関心が高まりました。

 

お金は生きていく上で一番大切ですがどんな環境であっても心の豊かさが必要です。
心の豊かさとお金は私は結び付かないと思います。お金がなくても家族がいて友達がいて支えあう人がいて頑張れる源になります。

 
 

私がフェアトレード工房で過ごした一週間は毎日様々なことを考える時間を持ち、ルームメイトや他の日本人とディスカッションし、同じテーマで意見交換できる大切な時間を得ることができました。

 

フェアトレード工房のインターンシップで得た経験を日本の家族や友だちに広めていきます。

合わせて読みたい関連記事: