セブのスタディツアーで感じたゴミ山の衝撃と子どもの笑顔


フィリピン セブ島 スタディーツアー体験談

参加者:むつみ 20歳 大学生 
参加期間:2016年11月3日~7日

 

グローリアセブのソーシャルボランティアに参加して、物とか家とか生活は貧しくてもフィリピンの子どもたちの笑顔が本当に輝いてる。パワーを持ってる。夢だってある。好奇心がすごくあると思い、また子どもたちに会いたくて今回はスタディツアーに参加しました。


人間一番良くないのは笑顔がなくなってしまうこと、心が貧しくなってしまうことだなと思いました。


私は特になにか出来るわけではないけど、もっと笑顔を共有したいと思い2回目のボランティア参加を決めました。


前回のソーシャルボランティアとは違った景色もたくさん見れました。
特に印象に残ったのはゴミ山です。

 

衝撃でした。

言葉を失いました。ここに住んでるんだ…ここで生きてるんだ。


テレビやネットで見たことある景色を自分の目で見れて良かったです。


今回見た景色、子どもたちの顔を忘れません。
これからもこの経験を生かしていきたいです。またフィリピンに行きます。


素敵な時間をありがとうございました!

合わせて読みたい関連記事: