セブ島のスラム街 危険と安全の見分け方


セブのスラム

セブ島のスラム街は海沿いに

貧困層が過密に居住している地区をスラムと呼びます。

居住者の失業率は高く貧困に苦しみ多くの貧困層が今日の食事にも困っています。

フィリピンのセブ島にもスラムと呼ばれる貧困街が多数あります。

 
 

セブ島のスラムは海沿いに広がっています。
理由はポーターなど日雇い仕事があるから。

 

毎日輸送船が到着する港では荷物運びなど低賃金で雇用できる人手が必要です。
港の近くには市場もありそこで荷運びなどの仕事を得ることも可能。
セブで最も危険な地域と言われるPASIL(パシル)も海沿いの街。

 
 

スラムは老朽化した住宅や仮設住宅が密集し、上下水道や排水施設などインフラも整備されていません。
空き地や空き家、廃墟に無許可で生活をしている貧困家族もたくさんいます。

スラムがなぜ危険なのか

仕事がない貧困層は麻薬や拳銃の密売に手を染めます。
若い女性の場合は売春も日常的。

 

貧困の苦痛から逃れるためアルコールや薬物の依存症患者も。
ゴミや生活用水は垂れ流しで衛生面も劣悪。

 

スラム街を横断するメイン通りがない
道が袋小路になっていて回遊できない
住民に笑顔がない

 

このような地域は危険度が高いので近寄らない方が賢明です。

 

セブのスラム

危険でないスラムにはコミュニティが存在

危険なスラムには住居不定者が多く、転入と転出が繰り返されているため住民同士の関係は箕臼ですが、同じスラムでも住民のコミュニティが確立している場所は、安全とは言えないまでもそれほど危険な地域ではありません。

 
 

例えば生活環境が最も劣悪なゴミ山
Inayawan(イナヤワン)、Consolacion(コンソラシオン)のゴミ山ではスカベンジャーの家族が暮らしています。
 

彼らも行政からの退去命令で住まいを転々としますが住民の結束は固く、コミュニティをつくり互いに助け合いながら生活をしています。

 
 

セブ市の中心地に位置するLorega(ロレガ)

ギャング集団が麻薬や拳銃の密売をしているロレガはセブの人たちでさえ足を踏み入れるのを躊躇うほどの危険地域。

 

でも大多数の住民は心優しく住民同士支えあいながら暮らしています。
学校に通っている子供も大勢。

昼間訪問すればここがセブの危険なスラム街とは誰も思わないでしょう。

 
 

住民がみな笑顔で路上では子供たちが遊び、街に活気がある

 

貧困街でもこのような地域は危険度は低いと言えます。

 

セブのゴミ山

危険と安全は素人には見分けられない

セブにボランティアで来る大学生や、語学留学生で現地のことを詳しく知りたいと思った人以外、好んでスラムに足を踏み入れる人はいないでしょう。

 

セブの危険なスラムと比較的安全なスラムの特徴を紹介しましたが、日本人にははっきりと見分けはつきません。

 
 

スラムでの立ち振る舞いによっても危険度は増すので、もしスラムに行き貧困層と交流したいのなら現地を良く知っているフィリピン人、またはセブのスラムに詳しい日本人に必ず同行してもらってください。

興味本位でスラムを訪問するのは避けるよう。

 

 

国際ボランティア団体 グローリアセブはスラムの子供たちに食事を配給する活動を続けています。

 
 

スラムの現実を自分の目で見てみたい、貧困層の人たちと交流したいと考えている大学生、社会人はグローリアセブのボランティアプログラムに参加してみてください。
 

観光旅行では絶対わからないフィリピンのリアルな姿を見れます。

合わせて読みたい関連記事: