フィリピンでは小学校の先生がなぜ人気の職業なのか


フィリピンの女の子のイメージ

フィリピンでは学校の先生が人気の職業

途上国フィリピンの子どもに将来なりたい職業を聞くと、ほとんどの女の子は小学校の先生と答え、男の子の場合はエンジニアや警官、船乗りなど。
 

発展途上国では子どもたちに圧倒的に人気な職業は小学校の先生です。

学校の先生に人気が集まる理由は安定的な収入と社会的な信用を得るため。

 

途上国の貧困家庭に生まれた子どもは自分の家庭が貧困であるのを知っています。

モノ売りなどでその日暮らしをして何とか家族の食べる収入を稼いでいる親兄弟を、将来は楽にさせたいと強く思っています。

 

そのためには安定的な収入が見込める職業に就くことが必要。

公務員か学校の先生です。

途上国と日本ではこんなに違うなりたい職業の理由

第一生命保険が発表した日本の子どものなりたい職業。
 

女の子の第一位は、17年連続で「食べ物屋さん」でした。

第二位は「保育園・幼稚園の先生」

三位が「お医者さん」

学校の先生は第四位。

 

「教える」「助ける」が、就きたい職業のキーワードのようです。
フィリピンの女の子に将来なりたい職業を聞くと、8割の子が「学校の先生」と答えます。

 

 

途上国の子どもは将来の職業を夢ではなく現実的な視点で考えます。

 

何をすれば稼げるか、家族を養うことができるか。そして自分にもできそうか。

もちろん学校の先生と答える子どもの中には人を教えると言う職業に魅力を感じている子もいますが、多くは家族を養う収入を得るのが目的です。

 

 

そしてもうひとつの要因は子どもたちの生活範囲が狭く情報が限られるためたくさんの職業を知らないんです。

 

多くの職業を知っていれば違う職業を目指す子もいるかもしれませんが、学校の先生は子どもにとって一番身近な職業ですから必然的に先生と答える子が多くなります。

なりたい職業は学校の先生

小学校の先生の月給は一般企業の三倍

小学校の先生の初任給は約5万円。

先生の平均月収は約8万円。
 

日給約千円の支払いが義務付けられているフィリピンでは、定職に就いていたとしても月2万5千円ぐらい。

小学校の先生がどれだけ多くの収入を得ているのかわかります。
 

もちろんその分、労働時間が多く激務ですが収入だけを考えると小学校の先生は子どもたちにとっては憧れの職業です。

学校の教師になるためには

大学の教育課程を学び小学校でのインターン実習に参加し教員試験を受ける。

これは途上国でも日本でも大きな違いはありません。

 

途上国は子どもの数が多く、ひとつの小学校で生徒数が数千人と言うのも珍しくありません。

教師の人数は生徒数の約3%。

 

例えば生徒数1,000人の学校ならば教師は約30人です。

 

途上国は先生の人数は多いですが、同世代の子どもの多くが教師の職業を目指しているためにその職業に就くのは難関です。

 

まして途上国の貧困の子どもが大学まで卒業し優秀な成績を収め先生の職業に就く可能性は低いのが現状です。

途上国の小学校

教師の職業に就いても貧困から脱出できない理由

学校の先生になったからと言って決して裕福な生活ができるわけではありません。

教師の職業の収入は初任給でも一般の企業よりも良く、自分一人で食べていくのなら十分な収入を得れます。

 

ただ、子どもたちが先生になった理由は家族を貧困から救うこと。

それなりの収入を得てもほとんどを親兄弟の生活費に充当しますので自分には残りません。

 

それでも学校の教師が職業として人気があるのは臨時雇用ではなく定職であること。

フィリピンでは期間雇用、日本でいうと契約社員契約が一般的で職業に就いても半年後にはどうなっているかわかりません。

学校の先生の場合は正規雇用ですので契約打ち切りなどなく、社会から一定の信頼が得られるのが理由として挙げられます。

 

定職がなく貧困のままだと社会的に信頼も評価もされません。

途上国の公立学校の先生の仕事は激務

授業料が無料の公立の学校には貧困家庭の子どももたくさん通っています。

クラス内の子どもの学力レベルも大きな差があり全員の能力を引き上げるのはとても困難。

先生は同じ授業内でも学力のある子と劣る子にそれぞれ対応した授業を薦めなければなりません。

 

また、文房具やお弁当を学校に持参できない貧困の生徒には教師が自分のランチを分け与えたり、他の生徒から文具を借りて貧困家庭の子どもに与える場合もあります。

 

学校での業務は膨大で朝7時前には登校し帰宅できるのは19時頃。

 

先生の大半は女性ですので帰宅後に自分の子どもや家族の世話もしなければなりません。

途上国では学校の先生が人気の職業ですがイメージとは異なり先生は激務な職業です。

途上国の学校

途上国の子どもはなりたい職業を即答する

日本の子どもに将来なりたい職業を質問しても、多数の子ははっきりとは答えられません。
途上国の子どもはなりたい職業をすぐに言います。
それは人生の目的が決まっているから。

 

途上国の子どもは自分の夢を追うことより家族の幸せを考え、そのための職業を選びます。

フィリピンの子どもに人気のある職業が学校の先生なのもそのためです。

 

実際に貧困の子どもが先生の職業に就くことはとても稀ですがその志は途上国ならではのもの。

フィリピンの小学校でインターンシップに参加してみる

あなたが将来教職を目指している学生や、現職の教員ならフィリピンの公立小学校のインターンシップに参加することができます。

担任の先生と共に生徒の学習をサポートしたり子どもたちの相談相手になったり。

 

インターンシップをしながらフィリピンの教育制度や授業方針、そして先生や生徒の悩みや希望を知ることも可能。

 

途上国の教育に興味のある方はフィリピン 小学校インターンシップに参加してみてください、

日本では絶対に経験できない海外の教育現場を学べます。

合わせて読みたい関連記事: