ゴミを平気で捨てるフィリピン人の悪習慣


セブのスラムのゴミ

スラムが海辺と川沿いできる理由

セブの街中を歩くと子供が菓子の袋や紙くずを平気で道端に捨てる光景を見ます。
日本人には考えられませんがフィリピンでは環境保全に対する意識が低く不要なゴミは悪びれることなく道路に捨ててしまいます。

 

子供たちはそれに罪悪感など一切持っていません。

 

セブ島のスラムと言われる場所は海岸沿いと川沿いに集中していますが、その理由はゴミに関係し、水辺ならゴミや生活用水を気兼ねなく捨てられるから。

リゾート地域以外のセブの海、また街中を流れる川には大量のゴミが浮かび放置されています。

 

行政も年に数回、川のゴミ拾いを行いますがとても追いつかず社会環境は悪化の一途をたどっています。

貧困地域にはゴミ箱がない

一般家庭では各家にゴミ箱が備え付けられているか、集合ゴミ箱が設置されていますが貧困層が住むスラムにゴミ箱はありません。
もちろん家の中にも。

 

ほとんどの地区には行政のゴミ収集車が週1回程度家庭ゴミを回収しに回りますが、不法居住地域にゴミ収集車は行きませんのでスラムでは放っておくとゴミは溜まるばかり。

 

手っ取り早く海や川に捨ててしまいます。
これが習慣となりポイポイと平気でゴミをそのあたりに捨てていきます。

セブのゴミ山

ボランティア参加で途上国の現実を知る

フィリピンにはゴミ焼却施設が少なく、ほとんどの家庭ごみは回収後そのまま山へ運ばれ捨てられます。

捨てられたゴミの上に土を盛り、またその上にゴミを捨てていく。

 

国の環境意識がこのレベルですので国民、まして貧困層に環境意識が生まれるわけもありません。

社会のことより自分たちの今日の生活、食べ物の確保、育児、仕事。

 

日本人にはアジアのビーチリゾートで有名なセブ島もこれが現実。

もしあなたが途上国の事実を知りたければ、海外ボランティアに参加してセブ島の本当の社会環境を自分の目で確かめてみてください。

合わせて読みたい関連記事: