セブ島のフェアトレード工房


フェアトレード工房のイメージ

セブ島にはフィリピンの恵まれない人たちや、台風や地震で被害を受けた人たちを支援している日本人が大勢います。
今回ご紹介するフェアトレード工房も、貧困層の女性支援活動のひとつとして、ある日本人が設立したものです。

この工房を経営している方は、すでにセブに20年住んでいる日本人女性です。
現地の貧困女性の自立を支援するために、女性たちを雇用し、石鹸やロウソク、アクセサリーなどの手工芸品をつくり、その売上げで貧困層の人たちへ食糧や物資を提供しています。

 
フェアトレード工房の手工芸品
この工房で作られた化粧品やバッグなどの手工芸品です。モノづくりなどしたことのなかった人たちに、日本人に受け入れられる品質の手工芸品をつくってもらうことは、とっても大変なことだったと思います。

 

台風ヨロンダで大災害に見舞われたレイテ島にも何度も出向き、日本人から寄付された物資を届ける活動をされ、日本のマスコミからも取材を受けられていました。

 

このように、海外で地道に社会貢献活動をされている人たちによって、日本の良いイメージがつくられているのかもしれません。フィリピンの人たちは親日家がとっても多いです。

 
インターンシップのイメージ
このフェアトレード工房では、貧困層の女性たちと一緒に手工芸品をつくったり、工房の女性オーナーが行っている現地の支援活動を手伝うインターンシッププログラムがあります。
将来、海外でのボランティア活動やBOPビジネスに携わってみたいと考えている方には、特に有意義なインターンシップです。
セブ島フェアトレード工房インターンシップ参加者の感想

 

フェアトレード工房のイメージ

フェアトレード工房 インターンシップ 募集要項

期間 1週間から4週間程度。
募集時期 通年。但し施設の状況により受け入れができない期間もあります。
対象 海外でインターンシップを経験したい18歳以上の女性。手工芸品づくりが好きな方。
内容
    石鹸やキャンドル、アクセサリーなどの手工芸品づくりを通した貧困支援活動
    貧困層の人たちへの物資支援活動、手工芸品の作り方を教えるセミナーのアシスタント
宿泊 工房内にあるインターン生用のお部屋
スタッフ 日本人2名、フィリピン人
日本人スタッフが現地での空港送迎、生活面のサポートなどを行います。
応募締切 ご希望日の4週間前までにお申込みください。施設に受入れの確認を行います。
参加費用 ・1週間 (7泊8日) 78,000円
・2週間 (14泊15日) 118,000円
・3週間 (21泊22日) 158,000円
・4週間 (28泊29日) 198,000円
料金に含まれるもの(現地)
・宿泊費・空港送迎費(片道)・インターンシップ手続き費・滞在中の生活全般、緊急時のサポート費
料金に含まれないもの
・セブまでの往復航空券費・海外旅行傷害保険費・食費・現地交通費・小遣いなど

 

サンプルスケジュール (セブ滞在15日間の場合)

日曜日
セブ到着
月曜日
オリエンテーション インターンシップ初日
火曜日
インターンシップ 2日目
水曜日
インターンシップ 3日目
木曜日
インターンシップ 4日目
金曜日
インターンシップ 5日目
土曜日
インターンシップ 6日目
日曜日
フリー (ショッピングや観光、マリンレジャーなど)
月曜日
インターンシップ 7日目
火曜日
インターンシップ 8日目
水曜日
インターンシップ 9日目
木曜日
インターンシップ 10日目
金曜日
インターンシップ 11日目
土曜日
インターンシップ 12日目
日曜日
帰国

 

フェアトレード工房インターンシップの資料をメールでお送りしますのでぜひご覧ください。併せてご質問がありましたらご記入ください。24時間以内にご回答いたします。下のフォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

お名前 ※必須

メールアドレス ※必須

・アドレスはお間違えのないようご入力ください。特に@マークから右側が間違っていないかもう一度ご確認ください。
・スマホのアドレスを入力の方はパソコンや.comアドレスからのメール受信を拒否設定されている場合は解除してしてください。

ご職業 (ひとつチェックしてください)※必須
学生社会人その他

ご質問など (フリー)

確認画面は表示されません。内容をよく確認して送信ボタンを押してください。


以上、Kazuでした。

合わせて読みたい関連記事: