フィリピンのインターンシップ事情


海外インターンシップ

フィリピンでは大学在学中に3か月間のインターンシップが義務付けられています

 

就職前にインターンを経験して社会勉強をする大学生も多いと思います。日本のインターンの場合は、1日か長くても1週間。企業側はインターン生用にしっかりとしたプログラムを用意し万全の態勢で大学生を迎えます。

 

日本とは大きく異なるフィリピンのインターンスタイル

フィリピンの場合はインターンの考え方がまったく異なります。インターンは研修ですので、至れり尽くせりではありません。あくまで社会勉強の一環。

基本的な仕事は指示されますが、あとはインターン生の自主性にゆだねられます。朝から夕方まで仕事は自分で考え行動しなければなりません。マニュアルなどもありません。

 

海外ではインターンシップは実践教育の場です。

 

グローリアセブでは、フィリピン セブのインターン先をご紹介し、多くのみなさまにご参加いただいていますが、自主性や臨機応変に対応できる行動力を持たれている方は、より有意義な時間を過ごされています。

 

海外でのインターンは日本では体験することのできない、大きな価値をあなたにもたらしてくれるはずです。

 

 

以上、Kazuでした。

 

 

合わせて読みたい関連記事: