ボランティアでわかったフィリピンの貧困の現実と本当の幸せ


フィリピン セブのボランティア

フィリピン セブ ソーシャルボランティア体験談

Emu 19歳 大学生

2016年8月4日~10日

 

今回のセブ島ソーシャルボランティアの経験は私の中の“貧困”のイメージを変化させてくれるものになりました。

 

スラム街より観光地の方が物乞いやストリートチルドレンがいて環境的に良くないことや学校には行けるけど金銭的に余裕がなく途中でドロップアウトしてしまう子供がたくさんいること、子供を学校へ行かせてあげるには親が働かなければならないのに、職がないため内職で稼ぐしかないことなど、様々な貧困の現実を目の当たりにしました。


また、この活動を通して考えさせられたのは“幸せって何だろう”ということです。

 

フィリピンの人たちは毎日ギリギリの生活をしているのにとても幸せそうに暮らしているのに対し、日本人は何不自由のない生活を送っているのにそれを当たり前だと感じすぎているのか、毎日の生活を幸せだと感じている人が少ないように感じます。

幸福度の感じ方に大きな差があり私たち日本人の方が見習うものがたくさんあるように感じました。


ソーシャルボランティアに参加することができて本当によかったです。次のボランティア活動の糧になる有益なものとなりました。ありがとうございました。

合わせて読みたい関連記事: