スラムやゴミ山の子どもの笑顔 フィリピンのボランティア


フィリピン セブ島 ソーシャルボランティア体験談

参加者:夏希さん 20歳 大学生

期間:2016年2月25日~3月2日

 

今回のフィリピンボランティアツアーで一番感じたことは、子どもたち一人一人が、本当に楽しそうでいきいきしていたということでした。スラム街にしろゴミ山にしろ、どこに行っても子どもたちの笑顔を見ることができたのが、とても印象的でした。

そして、フィリピンボランティアツアーでは、厳しい環境の中でも明るく前向きに生活しているフィリピンの人々の力強さをいうものを、とても感じることができました。

 

一週間のボランティアの中で出会った、たくさんの子どもたちのために、自分ができることというのは、とても限られてくるかもしれませんが、このボランティアツアーで感じたことや、学校に行きたくても、行けない子どもたちがいるという現実を、日本の身近な人たちに伝えて、その中から、一人でも何か行動を起こしてくれる人があらわれれば、きっと、あの子たちのためにできることはもっともっと増えていくんじゃないかと思います。

 

私の方があの子たちから元気をもらったので、私も日本に帰ったら、自分のできることをやろうと思います。

フィリピン ソーシャルボランティア

合わせて読みたい関連記事: