ボランティア団体が支援するセブのストリートチルドレン


セブ ストリートチルドレンボランティア

子供たちへの教育支援

フィリピンのボランティア団体としてグローリアセブが行っている活動にストリートチルドレンの教育支援があります。
 

サントニートニョ教会などセブの観光地で物売りや物乞いをしているストリートチルドレンが社会や道徳を学び、義務教育をしっかりと受けるための活動です。

 
 

海外で活動する日本の民間団体はストリートチルドレンに対してどんな支援を行っているのか。

ストリートチルドレンが必要としているものは何か。
 

グローリアセブの活動のすべて。

 

セブのストリートチルドレン

ストリートチルドレンは母親と暮らしている

ストリートチルドレンと聞いてどんなイメージを持ちますか?

 

フィリピン セブ島のストリートチルドレンには、現地や海外のNGO団体、そして教会から支援されているストリートチルドレンと、支援の手が行き届かないストリートチルドレンがいます。

 

 

NGOが支援しているのは、家計を助けるために親が行っている路上での物売りを小さなときから助けている子どもです。
セブの観光地で水や菓子、土産物、ローソクなどを売り、その売上を母親に渡します。

 

 

子どもたちには住む場所があるのですが山岳地域や離島などセブ市内から離れた場所のため家には週に1日ぐらいしか戻らず、夜は路上やビルの軒先で寝ています。
 
 

子どもたちは母親に見守られていますので犯罪などの悪いことはしません。
小学校に通いながら放課後や週末に路上で物売りをしているストリートチルドレンもいます。

 

フィリピン国内や海外のボランティア団体ではストリートチルドレンに食事を配給したり、勉強を教えるなどのボランティアを定期的に行っています。
 
 

海外からセブに来る観光客には怖がられてしまうストリートチルドレンですが、明るく、勉強への意欲もあり普通の子どもとまったく変わりありません。
 
 

路上で親と一緒に生活している子どもは国内外のNGO、ボランティア団体や教会から支援を受けています。
 

セブのストリートチルドレンを支援するボランティア

育児放棄された子供たち

NGOや社会、そして親から守られているストリートチルドレンは犯罪を犯すことはしませんが、路上で暮らしているストリートチルドレンの中には犯罪を犯す子どももいます。
 

家庭が貧しく親が育児放棄をしたために家出をした、同じ境遇の子どもが路上で集団生活をはじめます。
 

 

そこに悪い大人が目をつけ子どもにスリやドラッグを教えます。
 

善し悪しの判断が付かない子どもは、食べていくために路上でスリを重ね、盗品を大人が売りさばきお金に換えています。
空腹を紛らわすためにシンナーを吸っている子も。

 
 

犯罪に走っていまう子は決して子どもが悪いのではなく、フィリピンの貧困社会の被害者なのですが、このようなストリートチルドレンへの支援はリスクが伴うためNGOや教会も手を出すことが出ない状況です。

 

セブのストリートチルドレン

支援する子供の基準

兄弟が5人以上

親が定職を持っていない

学校に通いたいと強く願っている
 

支援する子供の基準はこの3つ。

 

新学期の始まる直前、5月に親子面談を行いこれらの項目をインタビューし毎年数名のストリートチルドレンを支援する奨学生として登録します。

 

支援を希望する子どもは大勢いますがグローリアセブのキャパシティも考慮し、新規で採用する子どもは毎年2~3名に留めています。

 
 

子どもたちは毎日路上で物売りをしているか、親の仕事を手伝っています。

 

ストリートチルドレンに必要な教育

子どもの将来を考えれば一番大切なのは教育。

でも、食事や住居の確保が優先される貧困家庭では教育は一番の後回し。

 

グローリアセブはストリートチルドレンを奨学生とし、義務教育の終了する高校卒業まで支援活動を続けています。

 
 

具体的には子供たちが学校へ通うための学生服、靴、スクールバッグ、そして文房具の提供。

そして通学費と食費の補助として毎月奨学金の支給。

 
 

週末には屋外で補習授業を行い子供が学校の授業についていけず小学校からドロップアウトしないよう教育のサポートもしています。

 
 

この奨学金制度、スカラーシップは日本の大学にもありますがフィリピンの奨学金制度は日本と異なり奨学金は返金する必要がありません。

 

セブのストリートチルドレン

セブのボランティアに参加してみる

グローリアセブではセブ島のサントニーニョ教会周辺で物売りをしているストリートチルドレンが学校へ通うためのスカラーシップ制度をつくっています。
 

週末にはストリートチルドレンに社会や道徳を教える青空教室、そして遠足やクリスマスパーティなど、子どもに生きる楽しみや喜びの時間を提供するボランティアも行っています。
 
 

ストリートチルドレンのボランティアにはどなたでもご参加いただけますので、ボランティアに参加してセブのストリートチルドレンとぜひ触れ合ってください。

 

国際支援活動について良く知っていただけると思います。

 
 

夏休み 春休みソーシャルボランティア

それ以外の期間の地域開発ボランティア

 

セブのストリートチルドレンと交流できるプログラムです。

合わせて読みたい関連記事: