セブのボランティア留学で身につく本当の英語


セブ留学

留学で英語力の向上と海外の文化を知る

格安留学で人気のフィリピン セブ留学。春休みや夏休みには日本から大勢の留学生がセブにやってきます。
留学前は学校選びや渡航手続きで忙しいと思いますが、セブに来てみたら意外と時間を持て余します。

 
 

英語学校のレッスン時間は平日の8時間ほど。実は授業中以外の時間の方が長いんです。
 

その時間を活用してフィリピンの人たちと英語で会話をしたり、セブの文化を学ぶことのできるボランティア留学をすることで英語力の向上はもちろんフィリピンの文化を学ぶ良い機会になります。

 
 

フィリピンの英語はネイティブではありませんが英語はフィリピンの第二外国語とも言える公用語ですので、セブでのボランティア留学は留学生に最もお薦めです。

聴き取りやすいフィリピンの英語

フィリピンの英語の発音はカタカナ英語に近く、日本人にとっては聴き取りやすいんです。
その理由はフィリピン語や、セブで使われているビサヤ語がカタカナ発音に近く、フィリピンの英語もはっきりとした発音だから。
 

アメリカ人などネイティブが話す英語は、ある程度のリスニング力がある日本人でないと聴き取れません。

 

例えば日本語が話せる外国人でも日本人が早口でしゃべったらきっと理解することは困難でしょう。
英語の映画を観て、俳優が言っているセリフをほぼ聴き取れる日本人がほとんどいないのと一緒です。

 
またフィリピンは日本人が接する機会の高いアメリカ英語なのもお薦めのポイントです。
 
 

英語はコミュニケーションの手段の一つ。
ネイティブとは同じ発音ができなくても相手に伝わりコミュニケーションができればいいんです。
 

フィリピン人と楽しく英語で会話ができるセブのボランティア留学は日本人に適した留学スタイルです。

フィリピンがボランティア留学に適している理由

フィリピン人は驚くほどに社交的な国民性を持っています。
初対面でも笑顔で気軽に声を掛け、相手のことを思いやり何か困っていれば助けてくれます。
 

英語は人とのコミュニケーション。
気軽に英語での会話が楽しめるフィリピンは、日本人がボランティア留学で英語を学ぶのに一番適した国。
 

日本からセブへは直行便で5時間で行くことができるアクセスの良さも、ボランティア留学先にお薦めする理由です。

 

ボランティア留学

セブのボランティア留学で何するの

セブ留学の授業は月曜日から金曜日、土日はフリーです。
最初はビーチやショッピングなどで時間を潰すこともできますが、毎週ではお金も掛かりすぐにやることがなくなります。
 

そこで語学力を上達させるボランティア留学がお薦め。
英語学校は日曜日に入学して授業は金曜日まで。
留学後にはフィリピン セブの子どもたちと交流するボランティア留学プログラムがあります。

 
 

英語学校は日曜日に日本を出発し、月曜日から授業がはじまります。
1タームは1週間ですので最短では金曜日まで英語の授業を受け、土曜日からボランティアに参加することができます。
 

また、日本のエージェントでは紹介されていないグローリアセブならではの通学スタイルの留学を利用すれば、平日の午前に英語レッスンを受け、午後からボランティアに参加することも可能。

ボランティア留学の2つのコース

セブのボランティア留学では英語学校を卒業後、1週間から1か月間セブに滞在し、ソーシャルボランティア幼稚園・保育園ボランティアに参加したり、小学校で子どもたちの学習をサポートする小学校インターンシップに参加するプログラムがあります。
 

このボランティア留学は語学留学とボランティアをそれぞれ別のスケジュールで行うもので、セブ滞在が2週間以上の留学生向き。

 
 

もうひとつのプログラムはセブ滞在が1週間の短期留学生向け。
午前中に英語学校で授業を受け、午後から幼稚園ボランティアや小学校インターンシップに参加します。

 
 

英語力向上は日常どれだけ英語で会話をするかです。
セブのボランティア留学なら、英語のレッスンとボランティアやインターンシップを通してフィリピンで英語を実践的に学ぶことができます。
 

グローリアセブでは煩わしい手続きなしに、留学とボランティア、インターンシップが同時にお申込みできるセブ ボランティア留学のプログラムを用意しています。
 
 

セブ留学をされる方はボランティアにも参加して、フィリピンの英語にたくさん触れてください。

合わせて読みたい関連記事: