国際協力活動に興味と不安のある方へ

Glolea Cebuのイメージ

海外ボランティアを考えている学生、社会人へ知って欲しいこと

海外に出かけると、ふたつのことを実感すると思います。

ひとつは世界には日本とは異なる文化や価値観がある、と言うことです。

国民性、社会のルール、仕事の進め方など驚くこともあれば、感心することもあるでしょう。

 

もうひとつは日本はとても恵まれた国であると言うこと。

食べるものや住むところにも困っている人たち、不便な生活を強いられている人たちが世界には大勢います。

そのような光景を見ることで自分の毎日の生活を見つめなおすことができます。

 

海外の社会を学ぶことで、自分が今まで持っていた価値観に変化が表れると思います。

 
 

フィリピンの人たちはとてもポジティブな性格で、細かなことに悩んだりはしません。
計画を立てることに時間を費やすよりも、まず実行してから考えます。
自分の気持ちは内に秘めることなく、どんどん相手にぶつけ議論をします。

 

また、超女性社会のフィリピンでは家庭でも職場でも物事を決める人、指示を出す人は大抵が女性です。

積極的で良く働き良く話す女性に比べて男性はシャイな人が多く、社会の中での存在感は薄いです。

一般企業や行政施設では、何と管理職の半数以上が女性なんです。

 
 

海外に出れば、日本では気づかなかったこと、新しい発見をたくさんすることができます。

現地の人たちのリアルな暮らしを見て、言葉を交わし交流する海外でのボランティアは、あなたにかけがえのない時間をもたらしてくれるはずです。

フィリピンの子ども

グローリアセブがボランティアを募集する理由

セブに拠点を置き活動しているグローリアセブは、初めて海外ボランティアに参加する学生と社会人、また海外経験の浅い方に参加していただけるプログラムを提供しています。

 

フィリピンで活動しているボランティア団体が、なぜボランティアを募集するのか。

 

テレビやネットで紹介される海外の貧困。
貧しく苦しそうな生活をしている人たちの映像を観て、多くの日本人が貧困への間違った先入観を持ってしまっています。
現地に足を運び途上国の真実を実際に見て、貧困層の人たちと交流すれば、誰もがメディアの情報と現実との違いを痛感することでしょう。
 

貧困でも日本人より楽しく幸せに生きている人たちがフィリピンにはたくさんいます。

日本人に途上国の本当の姿を知ってもらいたいと考え、ボランティアの参加者を募集しています。

 
 

GloleaCebu(グローリア セブ)の名称は、GlobalとLearnを合わせたもの。

「世界的な視点に立って学ぶ」と言う意味が込められています。

海外ボランティアへのふたつの不安

海外でボランティアに参加してみたいけど踏み出せない理由は、きっと英語が苦手なこと、そして治安面の不安だと思います。

 

ほとんどの日本人が抱える英語力の不安ですが、実は海外では英語が話せなくても十分に意思疎通ができるんです。

 

英語よりも大切なこと、それはコミュニケーション力。
表情や明るさ、積極性など。

あなたと接したいと言う気持ちが伝わればそれで充分。
相手も気さくに接してくれます。
 
 

出発前に思っていた不安は、現地に来てすぐに忘れてしまうことでしょう。
 

セブのボランティア
セブのボランティア

海外で守って欲しい3つのこと

近くのコンビニへお買い物へ行くとき、手にお財布やスマホを持ち歩いていませんか?
それが許されるのは世界中で日本だけ。
日本より治安の良い国はありません。

 

でも、必要以上に不安にはならないでください。
手荷物の管理など最低限の注意事項を守れば問題ありません。

 

ネットでは過剰に不安をあおる海外情報もありますが、
・荷物を身から離さない
・知らない人から声を掛けられても話に乗らない
・公衆の前でスマホや財布をむやみに出さない
 

この3つを守れば過度な心配は不要です。

初めて海外ボランティアに参加する方のために

・宿泊施設からボランティア先まで往復送迎
・日本人スタッフが同行して説明
・セブに常駐しているスタッフだからわかる現地の情報を提供
・航空券のご案内など出発前のサポート
・春休みや夏休みのボランティアは日本人同士の活動

 

海外ボランティアに興味はあるけど、不安も抱えている方へのサポートです。

ボランティア初心者にセブを薦める5つの理由

セブ島でボランティア?
イメージがわかない人も多いと思います。

 

日本人が知っているセブのリゾートは島の1%にも満たず、スラム地区や貧困街がセブ島にはたくさんあります。

海外ボランティア初心者の方にセブを薦める理由は

・日本から一番近い東南アジアの途上国
・成田、関空からは直行便で約5時間で行ける
・アジアで唯一、英語が通じる
・親日で驚くほど明るい国民性
・観光地なので治安も安定している

 

セブは初めての海外ボランティアの候補地として最も適した場所です。

ボランティア団体とエージェントに違い

海外のいくつもの国のボランティアプログラムを販売している日本のエージェントは、募集業務を自社で行い運営は現地の個人コーディネーターや団体に委託しています。

 

そのため参加費用が高額になったり、参加者が現地に来てからのトラブルも起こりやすくなります。

 

グローリアセブのプログラムは、私たちがセブで日々行っているボランティア活動や、学校、役場、現地NGOと協働で行っている活動に参加していただくものです。

 

また、ボランティア、インターンシッププログラムの企画運営、そして募集までを現地でワンストップで行っているため、安全で中身の濃いプログラムを安価な参加費用でご提供することが可能となっています。

 

オフィスがセブにあるため郵送による資料の送付や、個別面談、説明会などは実施していませんが、資料はPDFファイルでお送りいたします。

またスカイプやIP電話を利用して個別のご相談も受け付けています。

 

 

私たちの活動はグローリアセブの団体概要国際貢献活動をご覧ください。