よくいただくご質問

グローリアセブのボランティア、インターンシップへのお申込みをご検討されている方、またはお申込みをされた方からいただくご質問と回答をまとめましたので参考にしてください。
 

お申込み編

Q.申込み方法を教えてください
A.お申込みフォームから、参加をしたいプログラム名と必要事項を記入してお申し込みください。
 
お申込み後、航空券の予約、代金のお支払い方法など、お手続きについての流れをメールでご案内します。
 
Q.代金の支払い方法を教えてください

A.参加代金のお支払は銀行振込みとなります。
海外送金手数料などは掛かりません。
 
Q.電話でお話しすることはできますか?

A.メールでご連絡をいただければこちらからお電話を差し上げます。
もちろんお申込み前でもかまいません。

 

Q.友だちと一緒に参加したいのですが行動や部屋は一緒になりますか?

A.はい、セブでの行動は一緒になります。

お部屋も同部屋になるよう手配します。
 
ご本人、お友だちそれぞれお申込みフォームからお申込みください。

 

フィリピン セブ編

Q.セブの治安は大丈夫ですか?

A.フィリピン国内でセブは比較的安全な地域と言われています。紛争や大きな事件なども起きていません。

フィリピン人は親日家が多く日本人に対してはとても親切です。
 
但し、日本とは異なりますのでスリなどの軽犯罪には注意してください。

グローリアセブは現地セブにオフィスがありますので、治安に関する最新の情報を入手し参加者のみなさんにお伝えしています。

 

Q.セブの気候はどうですか?

A.セブの気温は一年を通して25度~35度です。

一番暑い時期は3月~5月で気温は毎日30度を超えます。
 
ただ、日本から来られるみなさんは「日本の夏の方が暑く感じる」と言います。

 

Q.物価は安いですか?

A.食費や交通費は日本の1/2~1/3程度とお考えください。

ローカルのレストランでは一食200円~300円、パンは15円、タクシーの初乗りは120円です。
 

渡航前編

Q.航空券は自分で購入するのですか?

A.はい。

旅行会社や航空会社のインターネットサイトでセブのマクタン空港までの往復航空券をご購入ください。

利用する空港をご連絡いただければお薦めのフライトの時間と料金をご案内します。

 

Q.航空会社やセブへの到着時間は指定がありますか?

A.セブ到着日は20時までにマクタン空港へ到着する便をご予約ください。

成田、関空、中部国際からはセブまでの直行便もあります。

日本からセブまでは直行便で約5時間、マニラ経由便ですと8時間~10時間です。
 
航空会社の指定はありませんがフィリピン航空、セブパシフィック航空、キャセイパシフィック航空を利用される方が多いです。
 
お送りする資料にはお薦めのフライトも記載をしてありますので参考にしてください。

 

Q.海外保険はどこの保険会社でも良いのでしょうか?

A.はい。

どちらの保険会社でもかまいません。

クレジットカード付帯の海外保険も利用できます。

 

Q.ビザの申請は必要ですか?

A.入国日から30日以内の出国であればビザは必要ありません。

31日以上滞在する場合はセブで観光ビザの延長申請をしていただきます。

 

Q.両替は日本でして行った方がいいですか?

A.日本の空港で両替をされても、現地に到着してからでもどちらでも大丈夫です。
直行便をご利用の方はセブ マクタン空港で、マニラ経由便をご利用の方はニイノアキノ空港で両替できます。
 
現地滞在中もセブ市内で両替できます。

 

Q.予防接種を受けておく必要はありますか?

A.必要ありません。

 

Q.特に持って行った方が良い生活用品などありますか?

A.常夏で日差しが強いので折り畳み傘(雨と日傘兼用)、日焼け止め、その他サングラスや帽子など日差し対策用品。虫よけ、虫刺され用のクリームなどはご持参ください。
 
洗濯用具、石鹸、タオルなどの基本的なアメニティ用品も必要になります。
 

その他

Q.英語があまり得意ではないのですが大丈夫でしょうか?

A.ボランティア活動の場合、英語力はほとんど問われません。
インターンシップでは一部派遣先で日常英会話力が必要となります。
現地での生活面は、日本人スタッフがサポートします。

 

Q.延泊や前泊をすることは可能ですか?

A.観光などでボランティアやインターンに参加する前、または後にセブに引き続き滞在していただくことは可能です。
その場合は事前にご連絡ください。

 

Q.大学に提出する証明書にサインをしてもらうことはできますか?
A.事前に書類や証明書のサンプルなどお送りください。
確認の上、ご返答いたします。
 

現地生活編

Q.インターネットは使えますか?

A.宿泊する施設で無料Wi-Fiが利用できます。

 

Q.電気のコンセントは日本と同じですか?

A.はい。
宿泊施設をはじめほとんどの場所のコンセントの形状は日本と同じですので変換プラグは不要です。

 

Q.スマホやパソコンの充電は出来ますか

A.フィリピンの電圧は220Vで日本と異なります。
但しパソコン、デジカメ、スマホなどの電子機器のほとんどは220Vにも対応していますので変圧器の必要はありません。
 
ヘアアイロンなどその他の電化製品は製品に書かれている説明をご覧ください。

 

Q.セブ滞在中の食事は外食ですか、自炊ですか?

A.滞在中の食事は外食、またはテイクアウトして宿泊先で摂っていただきます。
外食先やスーパーマーケットなどはスタッフがご案内いたします。

 

Q.病院はありますか?

A.セブ市内には大きな総合病院がいくつもあり現地在住の日本人や日本人渡航者も利用しています。
もしもの時にはスタッフが病院へご案内します。

 

Q.日本の銀行のキャッシュカードで現金を引き出せますか?

A.国際キャッシュカード、クレジットカード付帯のキャッシュカードであればATM機で現地通貨を引き出すことができます。

 

Q.クレジットカードは使えますか?

A.多くのレストランやショッピングモールで、JCB VISA Masterカードなどのクレジットカードが使えます。

ATM機でキャッシングもできます。