フィリピン セブ島の子ども支援を行う国際ボランティア団体

グローリアセブはフィリピンのセブに拠点を置き、ゴミ山やスラムに住む子どもたち、ストリートチルドレンの教育と食育にかかわる支援を行っているボランティア団体です。

 

併せて大学生、社会人の皆さんが参加できるボランティア、インターンシップを募集しています。

フィリピンの子どもたちが教育を受けるために

青空教室

青空教室の様子

セブのストリートチルドレン
奨学金支援

グローリアセブは貧困層の子どもが人並みの教育を受けられるよう、学費の支援、施設の修復、食事の提供など小学校や役場と協働で教育と食育にかかわる活動を行っています。

 

また貧困家庭の母親が収入を得るための商品づくりと販売支援を行っています。
 
グローリアセブのボランティア活動について

短期で格安なボランティア、インターンシップの募集

フィリピン セブ NGOソーシャルボランティア
セブのボランティア

日本から近く英語が通じ、治安も良好なフィリピン セブは日本人が国際経験を積むのに最も適した場所。
グローリアセブでは啓発活動のひとつとして、大学生や社会人が参加できる海外ボランティア、インターンシップの募集も行っています。
 
 
私たちが日ごろからフィリピンの行政や学校と協力して行っている活動に参加いただきますので格安な費用での参加が可能です。
 
グローリアセブはエージェントではありません。

参加費用はフィリピンの貧困家庭や子どもたちを支援する活動費に充てられます。
 
グローリアセブのボランティア募集プログラム

グローリアセブの活動
  • 奨学金制度によるストリートチルドレンやスラム街の子どもの就学支援
  • 子供の情操、道徳、語学力向上に寄与する教育アクティビティの実施
  • 貧困地域での食事配給活動
  • 公立小学校、幼稚園、保育園など教育施設の運営支援
  • ボランティア、インターンプログラム、語学留学を通した啓発活動
団体名グローリア セブ
所在地フィリピン セブ市
代表斉藤 和彦
設立2013年10月

代表のプロフィール
グローリアセブ
グローリアセブの代表は日本のNPO法人の理事としてフィリピンのストリートチルドレンの支援を行ってきました。
 
2011年からはセブに移住し現地での本格的な支援活動を開始。
フィリピンに来てみると日本ではわからなかった貧困の現実を痛感し2013年、グローリアセブを立ち上げ。

 

フィリピンの人たちが貧困から抜け出し、将来希望を持てる生活が送れるよう教育と食育の支援を行っています。
海外ボランティア参加者のサポート
グローリアセブのボランティア
海外のボランティアに参加してみたい学生や社会人のために有意義で安全なプログラムを提供することもグローリアセブの役割です。

 

日本人スタッフが活動内容や生活面についてご説明をします。
もちろん何かのトラブルがあったときには現地で迅速に対応。

 

グローリアセブの現地サポートは国際協力活動に興味と不安を抱える方へのページで詳しくご覧いただけます。
フィリピンの人たちとの信頼関係

グローリアセブはセブの公立小学校や役場などの協力を得て活動しています。
 
フィリピン セブの行政や学校、現地のボランティア団体などとコミュニケーションを取っていますので、ボランティアやインターンシップはもちろん、セブについての最新の情報をみなさまにお届けすることができます。
 
 
また、フィリピンと言うと治安のことを気にされる方も多いと思います。
 
セブはフィリピン国内では安全な地域と言われていますが、治安に関する情報もしっかりと把握した上でセブでみなさまをご案内しています。
 
 
日本のボランティア派遣会社やエージェントではわからない、セブのリアルな情報を元にプログラムの企画、現地でのコーディネイト、そしてみなさまからのご質問にお答えしています。

グローリアセブの主な活動
2011年6月セブでの支援活動開始
2013年5月貧困地区の集落へ遊具施設を寄贈
2014年3月インターンシップ受け入れ開始
2014年5月山の集落にボランティアと子供たちが交流するハウスを建設
2014年11月ボランティア、インターンの受け入れ開始
2015年5月ストリートチルドレンへの教育支援活動を開始
2015年10月ゴミ山で暮らす子どもたちへの教育、食育支援活動を開始
2015年12月貧困層の母親の収入を支援するローソクづくり事業をスタート
2016年1月ゴミ山に子どものための教育施設を建設
2016年4月8名のストリートチルドレンを奨学生として教育支援を開始
2016年7月フィリピンの公立学校からパートナー団体として認定
2016年9月学校に通っていない子どもが自由に学べるフリースクールをセブに開校
2016年11月海に浮かぶスラムの住人の支援活動を開始
2017年1月ドブ川の上に造られたスラムに住む2名を奨学生として支援開始
2017年5月セブ島で読者が一番多い日系情報誌 セブポットの取材を受ける
2017年6月路上で物売りをする4名のストリートチルドレンを新たに奨学生として受け入れ
2017年10月ガラスの破片を拾い集め生計を立てている子どもたちへの支援開始
2017年11月山奥のゴミ山に暮らす子供たちへ食事配給活動を開始
2018年5月ゴミ山とスラムに住む子供約100人へ学用品を配給
2018年6月山村の貧困地区に住む子供を奨学生として就学支援
2018年11月海の上に浮かぶスラム街の橋梁修理作業を実施