フィリピンは、超 競争社会


インターンシップのイメージ

フィリピンの大学では、在校中に約3か月間のインターンシップが義務付けられています

 

フィリピンの平均年齢は23歳、子供はもちろん、10代、20代の若い人がとっても多いんです。

でも、産業がそれほど発展をしていませんので、学校卒業後に優良な企業へ就職できる人はかなり限られます。

大学をトップクラスの成績で卒業し、その後も大学院や専門学校で引き続き勉強を重ねた人が、良い就職を得られるんです。

普通の大卒ではファストフードのカウンターか、スーパーマーケットのレジの仕事ぐらい、とも言われています。

 

大学在学中には、3か月程度の企業インターンシップを行うのですが、優秀な評価を得て、就職に少しでも役立てようとみんな必死。

 

卒業後、定職に就き、自分だけではなく、両親や兄弟も養っていかなければなりませんから。

 

いつも明るく楽天的なフィリピンの人たちですが、こと競争となると目の色を変えます。

特に、女性の頑張りはすごいです。

 

以上、Kazuでした。

合わせて読みたい関連記事: