フィリピン セブの病院


フィリピンの病院のイメージ

 

フィリピン セブでボランティア活動や語学留学中に病気やケガをしてしまい病院のお世話になる方がまれにいらっしゃいます。

いずれの場合も大きな病気やケガではありませんが、フィリピンの病院のシステムと日本人が病気になった場合の対応についてご案内をいたします。

 

フィリピン セブの病院

セブ市内にはチョンワホスピタルと言う中華系の病院と、セブドクターズと言うスペイン系の大きな病院が2つあります。

どちらも総合病院で日本の病院のレベルとそれほど大きな違いはありません。

 

これらの病院は医療費が高額のためフィリピン人の誰もが利用する病院ではありません。
現地在住の日本人や日本人旅行客が病院へ行く場合は、大抵がチョンワホスピタルかセブドクターズを利用しています。

 

日本と大きく違うフィリピンの病院システム

フィリピンの総合病院はショッピングモールなどと同様にテナント制になっていて、病院の建物の中に内科医、外科医、歯科医など、それぞれの個人開業医が入っています。

 

総合受付はかたちだけはあるのですが、実際には患者は病院に入っているそれぞれの開業医のところに直接治療を受けに行くようになりますので、はじめての方はどの医師のところに行っていいのかわりずらいと思います。

 

入院を薦めるフィリピンの医師

グローリアセブのお客さまの中にも、まれに疲労の蓄積や食事を摂らなかったことが原因で体調不良を起こす方がいらっしゃるのですが、皆さん医師から入院をして点滴を打つことを薦められています。

 

安静にして栄養価のある食事を朝昼晩摂って点滴を打つことが回復への近道、と言うことですが、日本でしたらまず入院を勧められるレベルの症状ではありません。

 

ちなみに入院した場合、日本人が通される病室は中~高級ホテルの客室並みのグレードです。

 

海外保険に入っていればキャッシュレス

セブには病院と保険会社との仲介サービスを行ってくれる、ジャパニーズヘルプデスクと言う日系の会社があります。

そこでは医師の紹介から病院への付き添い、日本の保険会社への手続き代行なども行ってくれますので多くの日本人が利用しています。

 

海外保険に加入していればキャッシュレス、患者さんは現金を一切払う必要はありません。

 

海外で病気やケガをしないことが一番ですが、もしもの時にでもフィリピンでは適切な治療を受けることができます。

グローリアセブではボランティア参加者が体調を崩したときには信頼のおける現地の病院へご案内をしていますが、海外で体調を崩さないためには食事をしっかり摂ること、これが一番大切なことだと思います。

合わせて読みたい関連記事: