フィリピンにはなぜ裕福と貧困しかないのか


フィリピンの貧困

フィリピンの裕福層と貧困の格差

東南アジアの途上国 フィリピンの国民は裕福層と貧困に大別され、中間層と言われる人たちはごくわずか。
フィリピンの裕福層と貧困の違い、そして中流の人たちがなぜ少ないのかをレポートします。

フィリピンのお金持ちは日本の比ではない

お金持ちの定義は莫大な収入が定期的にあり、土地や預貯金の資産をたくさん持っている人。

 

フィリピンの裕福な人たちは小高い丘に建つ高級住宅地に暮らし、何人もの使用人と運転手を抱え暮らしています。
身の回りのことはすべて貧困の使用人に任せ、街に出てくることはほとんどありません。

 

 

外出するのは高級ホテルのレストランで友人や家族と食事を摂る場合や海外旅行に出かけるとき。
私たちが街で裕福層を目にするのはまずありません。

 

裕福な人たちはどのように収入を得ているかは興味深いと思います。

 

コンドミニアムや土地などの不動産をたくさん所有している
海外でビジネスをしていて多額の送金がある。主に中東。
親のビジネスを引き継いだ

 

裕福は中華系のフィリピン人に多いです。

フィリピンの裕福層の暮らし

収入は少なく出費が多い貧困の暮らし

貧困とは1日1ドル以下で暮らす人々のことを指します。
彼らは物売りなどで日銭を稼ぐか、裕福層に安い賃金で雇われ毎日ギリギリの生活を送っています。
フィリピンの法律では最低賃金は1日約1,000円と定められていますが、最低賃金で雇用されている貧困層はまずいません。

 

 法外の賃金でも仕事があるだけマシだから雇用主に文句は言えません。

 

また、貧困層は10代で出産するケースが多く、一家には5~7人の子どもがいます。

ひとりの子どもを養うだけでも多額のお金が必要です。

 

貧困家庭に生まれた子どもが裕福になるわけもなく貧困は増えるばかりです。

裕福と貧困に分かれるのはフィリピン独自の雇用形態

国民が裕福と貧困に分かれて中間層と呼ばれる人たちがなぜ少ないのか。
そもそも中間層と言うのは日本独自の表現ではっきりとした定義がありませんが、何となくイメージできるのは年収400~600万円のサラリーマン家庭を指す言葉だと思います。

 

ここで大切なのは年収の額ではなく定期雇用されているかどうか。
フィリピンでは定期雇用されているサラリーマンはごく少数なんです。

 

フィリピンの雇用は短期契約が主流で、雇用主はスタッフと4か月毎の就労契約を結び、契約が切れると優秀なスタッフのみ契約を延長し、他は契約満了で解雇します。
これがフィリピンの雇用形態です。

 

契約が延長されるのは一部の優秀な人材に限られ、他の人は新しい仕事を探します。
例え賃金が安くても収入を求めて仕事を探します。

 

雇用主にとっては優秀な人間だけを残せる。
働く側はどんどん収入が減っていく。
よって雇い側だけが裕福になり、労働者は貧困になっていく。

 

これがフィリピンの構造的な二極化問題。
国民は裕福と貧困に分かれていき、裕福ではなくても安定的な生活を送れる中間層が少ない理由です。

合わせて読みたい関連記事: