スタッフブログ

セブを直撃した台風22号 被害状況と有効な緊急支援

2021年12月16日、台風22号(フィリピン名:オデット)が、セブ島を直撃し、甚大な被害をもたらしました。   救助隊は被災現場の様子を「完全に大虐殺だ」と表現し、フィリピン赤十字社のリチャード・ゴードン会長 …

学習貧困 9割の子どもが文字を理解できない理由

フィリピンの学習貧困 学習貧困とは、社会的な影響や家庭の事情で、子どもの学習機会が失われ、学力が低下してしまうことをいいます。   2020年から2021年の、新型コロナウイスルのパンデミックによって、フィリピ …

フィリピン セブ島のスラム街 炊き出しボランティアの意義

貧困層が身を寄せ合いながら暮らしているスラム街。 スラムは世界各国に点在していますが、日本にはほとんどありませんので、実際にスラム街を見たことのある日本人は数少ないと思います。   この記事では、スラム街の定義 …

ゴミ山の子どもの暮らしと仕事。学校には行ってるの?

ゴミ山で暮らしている子どもは貧しくて、学校にも通えずに毎日ゴミ拾いの仕事をしている、と考えている日本人は多いと思います。   でも実際は、ゴミ山の子どもでも、学校に通って勉強をしている子もいますし、朝から晩まで …

セブ島のゴミ山ボランティア 活動内容と学べる事

フィリピンのセブ島で活動しているボランティア団体 グローリアセブは、2015年から、セブのゴミ山に住んでいる子どもたちへの支援活動を行っています。   この記事では、グローリアセブのボランティアに参加を考えてい …

フィリピンの教育事情。貧富の差が生む教育の格差

フィリピンでは,2012年から新たな教育制度が導入され,今まで10年だった義務教育期間が13年に延長されました。   この教育改革は、子どもの教育に力を入れている国の方針の表れですが、一方で、貧富の差による教育 …

セブの5つのゴミ問題。もうゴミの捨て場がない!

セブは2011年4月から、ゴミの分別がはじまりました。   しかし、スラム街等ではいまもゴミは無秩序に捨てられているため、リサイクルができずに、ゴミはそのままゴミ山へ運ばれている状況がつづいています。 &nbs …

フィリピンのサステナビリティ意識。リサイクル行動はトップ!

フィリピンは持続可能な社会をつくる意識が高く、多くの国民が環境に配慮した行動を取っています。   これには、開発途上国ならではの事情もあります。     この記事では、「サステナブル・ライフ …

寄付にはどんな種類があるの? 世界の子どもたちを救う寄付

世界の貧しい子どもたちを救う寄付には、古着や文房具などの物品をはじめ、寄付金やボランティアなど、たくさんの種類があります。   この記事では、開発途上国の子どもたちが必要としている寄付の種類と、寄付の方法につい …

SDGsとボランティア。世界の教育の現状と私たちができること

「質の高い教育をみんなに」   これは、SDGsの目標のひとつです。 世界中すべての人が教育を受けられるようにしましょう、というものです。   日本では考えにくいことですが、世界には小学校レベルの教育 …