フィリピンの語学留学生、卒業後のインターンシップ


留学生のイメージ

 

フィリピンの語学学校の卒業生の中には、インターンシップで卒業後もセブに残る人たち、セブで就職先を見つけて社会人として働きはじめる人たち、またカナダやオーストラリアへ二か国留学に出発する人たちなど、その進路はさまざま。

 

卒業式のシーズンですね。フィリピンの小学校、高校、大学でも3月末から4月上旬に終業式や卒業式があり、その後は6月上旬まで長い夏休みに入るんです。

 

語学学校の場合は、入学卒業の時期は留学生の自由ですから、特にまとまった卒業式というのはありませんが、やはり大学生の春休みが終わる3月は、卒業シーズンとも言えます。

 

語学学校卒業後はインターンシップ

半年から一年、大学を休学して来ている学生の場合、スチューデントスタッフとして卒業後も語学学校に残り、働きながら引き続き勉強を続ける人たちがいます。

無料でレッスンが受けられて、3か月以上の場合ですとお給料ももらえる学校もありますのでこれはお得ですね。

 

 

二か国留学へ出発する人たちも多いんです。フィリピンは英語が公用語ですがネイティブではありません。二か国留学をする人たちはセブでの留学を初級~中級レベルと割り切り、その後カナダやオーストラリアに行き、より上のレベルの勉強を継続していきます。

 

セブで就職する人も

ホテルやIT系の企業、語学学校などでは日本人の社員募集を常時行っています。

ある程度英語が話せれば、日本人の特に女性の場合はたくさんの募集があります。学校卒業後、一度日本に帰国して、また就職のためにセブに戻ってくる人も多いんです。

 

 

英語に触れる時間が多ければ多いほど語学力は向上していくもの。

せっかく語学学校に数か月通っても、日本で英語に触れない生活に逆戻りしてしまえば 学力は低下してしまいますよね。

 

留学を志す人たちには、学校卒業後もしばらく海外での生活を続けて日常の中で英語に触れる時間を増やすことをお薦めします。

 

フィリピン セブでのインターンシップ募集

 

以上、Kazuでした。

 

合わせて読みたい関連記事: