フィリピンの小学校の昼休み


フィリピンの小学校

フィリピン セブ島の山の小学校のお昼休みの風景です。
フィリピンには給食制度がありませんので、午前の授業が終わると子どもたちは小学校の周辺の露店でごはんやおかずを買います。

 

フィリピンの小学校おかずは揚げ物、干し魚、ヌードル、そしてスープなど、一品の値段は15円ほどです。
買ったごはんとおかずは、教室内や露店にあるベンチで食べます。

 

フィリピンの小学校

小学校の低学年ですと、ママがお昼休みにお弁当を持ってくる子どもたちもいます。
ママはお弁当を届けるだけではなく、子どもと一緒に食べながら昼休みを過ごすんです。
フィリピンの小学校は、お昼休みは誰でも学校内に入ることができます。

 

フィリピンの小学校

ランチが終わったら、友達同士でおしゃべりしたり、校庭でバレーボールやバスケットを楽しんだり、日本の小学校の風景と変わりません。

 

フィリピンの小学校
子どもたちはいつも明るく笑顔です!

合わせて読みたい関連記事: