セブ島留学は、英語学習の入り口


 

語学学校のイメージ

 

近年日本から最も近い留学先として人気のセブ島。日本人の経営する学校も、日本人向けのサービスも増えてきており、初めての海外・初めての留学という方にとっては心強いですね。また、金銭面においても欧米留学に比べ、気負わずレジャー感覚で挑戦しやすいとも言えます。

 

しかし、フィリピンの英語ってどうなの?と思う方も多いでしょう。

まず、英語を母国語としている北米や英国とは比べないでください。フィリピンで使われる英語は、公用語とはいえあくまで第二言語です。

 

例えば『食べ放題』の意味である” allyoucaneat”。フィリピンでは” eat-all-you-can”と表記されるなど、ちょっとした場面でカナダやアメリカとの違いが見られます。

 

 

英語教師も育ってきた環境によって、発音、言い回し、表現方法が様々。

私の周りで例を挙げると、ある先生は幼い頃から英語一貫教育を受けてきたため、米英語と変わらない英語を話します。

ある先生はフィリピン英語なので発音に癖がありますが、文法は完璧です。

留学される際は、留学目的をよく考えてみてください。

 

①とにかく英会話力を上げたい 

②英文法・単語力を伸ばしたい 

③TOEICスコアを伸ばしたい、

 

のであればセブ留学をオススメします。

 

フィリピン人は社交的ですぐに仲良くなれ、自然と英語を使った会話力がつきます。街中が英語表記で溢れているので毎日英語環境です。

英文法はどこで学んでも基本的に同じですし、なによりも驚くのがフィリピン人の英単語力の多さです。彼らの使う英単語はとても幅が広く、一生使わないだろうと思いながら暗記した英検1級レベルの単語もサラッと出てきます。これには脱帽。

 

という訳で、セブ留学は英語の基礎学習にはうってつけだと思います。

何事も積極的に吸収するのが上達への近道。留学される際は、是非色々な国の友達を作って、どんどん英語で会話をし、色々な英語を聞いて下さい。次のステップを決めるのはそれからでも遅くありません。

 

フィリピン英語がストレスなく聞き取れるようになる頃には、おそらくご自分もフィリピン英語で喋っているかも…?

 

※教師条件は語学学校により異なります

 

Tomoko

合わせて読みたい関連記事: