フィリピンのインターネット事情

ポケットWi-Fiのイメージ

ネットのスピードは日本より遅い

フィリピンではショッピングモールやカフェなどの 公共施設でWi-Fiが使用できますが、日本と比較するとそのスピードはとても遅いです。
 
 

フィリピンでは携帯会社のGLOBE、SMART、SUN。
 
そして電話会社のPLDTなどがインターネットサービスを提供していますが、ほとんどが3GまたはDSL回線で、下りのスピードは1Mbpsも出ていれば良い方です。
 
 
カフェや語学学校など大勢の人が利用する場所ではメールの送受信にも苦労する場合が。
 
YouTubeなどの動画はスムーズに見ることは出来ないと思った方が良いでしょう。

フィリピンでインターネットを利用する

カフェなどでインターネットを利用する場合、店員さんからIDとPWが書かれている紙をもらい自分のスマホやタブレットに入力して使用します。
 
 
ほとんどのお店は無料ですが一部、お店の会員にならないとIDをもらえないところも。
 
 
手書きのIDとPWを渡された場合は苦労します。
簡略化したアルファベットと数字のため日本人には解読不能。
 
そんなときは定員さんにスマホを渡して入力してもらいましょう。
 
 
 

SMなど大きなショッピングモールでは館内で無料でWi-Fiが利用できます。
接続は自動で行われます。
 
 

ホテルでもほとんど無料で利用できます。
しかし一部、IDとPWが書かれたカードを購入しなければならないホテルも。
 
 
マクタン空港でも無料Wi-Fiが利用できます。
 
ネットに接続するとメールアドレスなどの情報を入力する画面が出てきます。
入力完了後自動接続。
 
 
 

語学学校でもWi-Fiは利用できます。
 
しかし多くの学生が同じ時間帯に使うためとても遅い。
また、寮の室内では使えない学校もあります。

ポケットWi-Fiも選択肢のひとつ

最近になってやっと各携帯会社で4G LTEのサービスが始まりました。
これなら10Mbps以上のスピードが出ることもありまずまず快適。

 
 

このサービスを利用するには各携帯会社から発売されているポケットWi-Fiの機器を購入します。
ポケットWi-Fiの機器は3,000円ほど、
旅行者や留学生でも購入できます。
 
 
通信料の支払いは200円とか500円とか任意の金額を使う前にSIMカードにロード(通話料を加算していくこと)します。

 
 
ボケットWi-Fiは一台でPCやスマホなど数台とつなげることができますので、お友達とシェアして使うことも可能。
 
 

LINEをいつでもどこでも使いたい方にはお薦めです。
 
 
 
日本よりもネット環境が優れた国を知りません。
毎日何気なく使っているネットの快適性、利便性は日本だけ。
 
フィリピンに来たらきっと、繋がっただけで良かったと思えるようになります。