将来を悩んでいた私が夢を語る子供から得た勇気

フィリピン セブ ソーシャルボランティア体験談

凛香
 
少しでも何か貢献できたら。
自分の目で見て今の現状はどうなのが知りたいと思ってグローリアセブに参加しました。
 
最初は海外ということで危険なイメージもあって、スラム街などはカバンを盗まれたりあぶない目にあってしまうのではないか…など沢山考えていました。
 
しかし、スラムでも、物を街中で売りにきてくれたフィリピン人も 「怖い」と考えてしまいがちだけど、実際は自分の生活のために一生懸命働いているわけであって、ボランティアに参加してそういったイメージがかわかりました。
 
貧困で苦しむ人たちの暮らしを自分の目でみて、今の自分の生活や日本人を比較して考えると、そのギャップに驚きと衝撃を受けました。
 
 
お金がないから、環境が悪いから「不幸だ」といった考えはちがうなと感じました。
 
幸せの価値観は人それぞれであって、実際フィリピンの子どもも大人もみんな笑顔でフレンドリーで、私が想像してた以上に私たちを受け入れてくれるのも早くて、元気を与える側だけど私自身が元気と幸せと思う感情をもらいました。
 
 
もっと驚いたのは、 子ども達がみんな何かの夢を持って努力しつづけていることです。
 
ちゃんとした夢をもっていて、夢のはなしをしていた子どもたちはみんなキラキラしていました。
 
自分の将来について悩んでいた私ですが、子供たちから勇気をもらい改めて毎日の生活の大切さを学べました。
 
 
一週間ですごく濃い体験もできて沢山の思い出がつまった毎日になりました。
ボランティアに参加する前よりも積極さが出ました。

 
 
2022年9月
 
 

 
 

 
子どもたちの写真や活動の様子を、セブ島から発信してます! (ロゴをクリック)