増えるフィリピンへの日本人旅行者

セブのイメージ
 
日本の政府は今、フィリピン、インドネシア、ベトナムからの観光客のビザを免除する方向で動いているそう。

 
昨年、ビザを免除したタイとマレーシアからの観光客は大幅に増えましたので、ビザ免除になればフィリピン人旅行客も増加が見込めますね。

 

 
シンガポールや香港へ行くフィリピン人は結構多いのですが、日本への旅行はビザの取得や旅行代金の問題でハードルが高かったんです。

 

 
 
では、日本からフィリピンへやって来る渡航者は年間でどれくらいいると思いますか?
 
2012年度の数字ですと41万人。
 
 
一番多いのは韓国人で103万人、次がアメリカ人で65万人。日本人は第四位。

 

昨年から今年にかけて、日本人への観光ビザが30日間まで延長されたり、成田や羽田からのフライトが増便されるなど、フィリピンへのアクセスが便利になりましたので今後、日本人渡航者は益々増えると思います。

 

特に語学留学がブームになっていて2015年は年間2万人以上の大学生、社会人がセブに留学に来ました。
 
 
日本から最も近い東南アジア、フィリピン セブ島へ来てみませんか。