フィリピンの学校制度 義務教育の期間と日本と違う授業科目


学校のイメージ

フィリピンの義務教育は1-6-6制、1年は4学期制です

フィリピンの義務教育は幼稚園が1年、小学校が6年、そして高校が6年。

合計で13年間、日本の義務教育期間は9年ですので4年間も長いんです。
 

フィリピンには中学校がありませんので、高校が6年生になっていますが最初の4年間がジュニアハイスクールと呼ばれる日本の中学校に相当します。

 

幼稚園から高校まで、新学期は6月にはじまり、翌年の3月まで。

1年は4学期に分けられています。

 

1学期 6月~8月中旬

2学期 8月中旬~10月

3学期 11月~12月

4学期 1月~3月
 

春休みや冬休みはありませんので、長い休みは4月、5月の夏休みだけ。

また、2学期から3学期の間に1週間のお休みがあります。

 

年間の授業日数は約200日、日本とほぼ同じです。

公立と私立

フィリピンは私立の学校がとても多いのが特徴です。

裕福層の子どもたちは幼稚園から教育環境が整っている私立へ通い、一般の家庭の子どもたちは授業料が無料の公立で学びます。

生徒数は圧倒的に公立学校の方が多いです。

授業科目

国語、英語、理科などほとんどは日本と変わらない科目ですが、英語と宗教に関する授業が多いことが特徴的。

英語教育は幼稚園からはじまり、小学校高学年では基本的に授業は英語で行われています。

また、フィリピン国民の90%はキリスト教のため、キリストの教えに順じた道徳教育に重きを置いています。

 

一方、歴史や地理の授業はとても少なく、社会科の授業として歴史や地理の教育が行われています。

体育の授業も少ないです。

常夏で一年を通して暑いために屋外での運動を好まないフィリピン人の国民性に起因しています。

 

小学校や高校にはどうやって入学するの

新学期のはじまる1か月前に、親が学校へ入学の申請手続きを行います。

但しこれで入学が決定するのではなく、入学前に先生が家庭訪問で生活状況を確認したり親へのインタビューを行います。
 

入学希望者が多く学校の教室のキャパシティを超える場合は他の小学校への入学を薦めることも。

公立小学校でも、学校から入学が認められた子どもだけが通学できるんです。

 

高校への進学は小学6年生の3月に試験が行われ、その成績によって昼間と夜間高校に振り分けられます。

 

成績上位者は昼間の高校、下位の子どもは夜間高校。

夜間高校の授業は平日の夕方4時から8時まで。

土曜日は終日授業が行われます。

 

子どもの数が多いフィリピンでは教室を分担して使い分ける必要があり、このように生徒は昼間と夜間に振り分けられています。

フィリピンの学校の夏休み

フィリピンでは幼稚園から大学まで、4月と5月の2か月間、夏休みになります。

長いと思われるかもしれませんが年間の授業日数は約200日、日本と変わりありません。

日本のように春休みやGWがありませんので一年を通すと同じなんですね。

 

裕福層の子どもたちは家族と国内旅行に出かけたりしますが、一般の子供たちは近所の友達と遊ぶなど、いつもの日々と変わらない生活をしています。

 

常夏のセブに夏休み? と思った方もいるのでは。
セブは一年を通して気温は25度以上ですが、中でも4月5月は毎日35度近くまで気温が上昇、乾季ですので雨も降らず本当に暑いんです。

フィリピン 子ども教育ボランティア

フィリピンの教育を学ぶ小学校インターンシップ

将来教職を目指している大学生や、現職の教員の方も参加できる小学校インターンシップがあります。

フィリピンの公立小学校で先生のサポートをしながら実際に自身でも教育活動に参加できる貴重なインターンシップ。

 

フィリピン 小学校インターンシップに参加すれば、日本とは大きく異なる海外の教育スタイルや子どもの様子を知ることができます。

合わせて読みたい関連記事: