はじめてのボランティアで知ったお金がなくても幸せな生き方

フィリピン セブ ソーシャルボランティア体験談

まゆこ 近畿大学
 
今回の活動で一番印象に残っているのは、ロイくんの家を訪問したことです。
 
ロイくんのお母さんにどんな時が一番幸せか尋ねると、「Always! No money , always happy」という返事が返ってきました。
 
 
セブよりも絶対的に裕福な日本に住んでいても、幸せではないなと感じている日本人はたくさんいると思うのに、お金がなくても毎日幸せと言えるセブの人々にとても感動しました。
 
 
学校やバイトなどで不満ばかり言っている自分が少し情けなくなりました。
 
 
家庭訪問を通して、日本は本当に恵まれているし、幸せものだと改めて感じることができました。
 
私も、自分から幸せを見つけて、毎日幸せだと感じることができる人になりたいと思いました。
 
 
 
そしてセブに来て感じたことは、とても笑顔が多いことです。
 
スラムの街に行った時、知らない人が自分の家を通っても笑顔で積極的に挨拶してくれ、手を振ってくれるセブの人々は本当にフレンドリーで暖かいと感じました。
 
スーパーに行った際に、困っていたらおすすめを教えてくれて、そんなセブの人々の優しさに感動しました。
 
 
子供達も言葉は全然通じないけど、かわいい笑顔で接してくれて、裕福な日本人よりも何百倍も幸せそうで、支援する側の私の方が幸せをもらうことができました。
 
 
最初は静かで寂しそうな子供たちを想像していたけど全然違って元気で明るい子ばかりで驚きました。
 
私もセブの子供たちのように、笑顔を大切にして、人々を幸せにできるそんな大人になりたいです。
 
 
 
はじめての海外、はじめてのセブ、はじめてのボランティア、はじめてだらけで不安もたくさんあったけど、とても良い経験ができました。
 
本当に参加して良かったと思っています。
 
 
この仲間と出会えて、一緒に活動できて、本当に良かったです。
 
この経験を日本に帰ったら、周りの人に伝えて少しでも貧しい人々の力になれたら良いと思っています。
 
私は暖かくて元気なセブの人々が大好きです。
 
 
また絶対セブに行きます!

 
2019年9月
 

海外ボランティアなら、日本から近くて安いフィリピン セブ島へ