ボランティアで現実を突き付けられたセブのスラムと母親の涙

フィリピン セブ ソーシャルボランティア体験談

桃果 明治学院大学
 
初めてボランティア活動に参加させていただいて、こういうことを学びたいと言うより子どもたちと交流したい、子どもたちとのコミュニケーションを楽しみたいと言う気持ちでセブに来ました。
 
 

ただ、貧困の子どもたちは毎日生きるのがやっとだから苦しんだり、楽しく毎日を過ごせていないんじゃないかと考えていました。
 
 
 
初日のオリエンテーションで斉藤さんが、それは日本人の先入観だと話されてとても驚いたのを今でも覚えています。
 
 
活動初日から現地の子どもたちのフレンドリーさ、人懐っこさ、元気さに圧倒されて気が付けば子どもたちの方から名前を聞かれたり、こっちにおいでよと誘導してもらって、日本人の子どもより明るく生きているなと感じました。
 

ほとんどの子がダンスやゲーム、モノづくりを楽しむ中、引っ込み思案で恥ずかしがったりする子がいたのは日本の子と変わらなくてホッとしました。
 
 

ただ、授業の終わりにくっついてきた子が私のバッグから少し見えていたキャップを見て、水をちょうだいと言ってきたり、ジュースやご飯を隠してもう一個ちょうだいと必死だったり、小さい子がさらに小さい子へ食べ物を分け与えていたりする姿を見て、自分の無力さを感じたのとともに胸が痛みました。
 
 
 

良い意味で驚かされたのはみんなセルフィーが大好きなこと。
写真をたくさん撮ってアプリのsnowやsnapchatを使って自撮りを決めていたりして、ボランティアに来た人たちとこうやって楽しんでるのだとわかりました。
 
 
 
家庭訪問では住んでいる上での悩み事や子どもたちの将来の夢を聞いて、家の大きさ、学校、食事、家族仲など様々な問題があることを理解しました。
 
 
泣いてしまったお母さんは、金銭問題や経済的なことだけでなく家族に対する思いや、お父さんとの不仲、子どもの将来にすごく悩んでいました。
 
 

子どもたちも懸命に生きていると、夢を聞いて思いました。
 
コックや先生になりたい子が多かったのは身近な職業であり、目に見える安定した仕事に就きたいと言う思いも無意識にあると思います。
 
おめかし好きな男の子のロイはとても可愛かったです。
 
 
 

一番現実を突き付けられたのは資源回収の街とゴミ山です。
 

ゴミと隣り合わせて生活するのは目にしても信じられなくて裸足でその辺を歩き回るチビッ子や転んで地面についた手でご飯を食べたりの数々の現実。
 
小さな子どもたちの衛生状態が本当に良くないと感じました。
 

ゴミ山ではにおいがきつくてあまりのゴミの量と、たくさんの子どもたちと、もう何も言葉が出ませんでした。
 
 

それでも子どもたちは私たちの車が来たらキャーキャー喜んでくれて早く遊ぼうとはしゃぎ、全力でゲームやダンスを踊って可愛らしいなと思いました。
 
 
K-POPのアーティストが有名で女の子たちが完コピしていたのにはとても驚きました。
どこへ行ってもMOMOLANDの曲が流れていて音楽は世界共通だと感じました。
 
 
 

ボランティア活動と言ってもボランティアをした実感は少なく、子どもたちとたくさん遊んで現地の状況を目と体で感じて、子どもたちからパワーをもらって、学ぶことしかなかったと思います。
 
 
辛い部分、現実としてちゃんと捉えなければならない問題を目のあたりにした分以上に、本当に子どもたちを中心に人々の明るさ、フレンドリーさ、親切さを感じました。
 
 
 

リゾートに行く日があったことで、よりセブの観光地と普通に暮らしている街、そして貧困層の人たちが住むスラムの格差を感じられました。
 
 
日本人の多くは観光地としての一部の面しか見たことがなくて、ゴミ山やスラム街も画面でしか見たことがないので、きっとボランティアをする前の私のように、貧困層は生活に苦しんでいる、辛いというイメージしか持っていない人がほとんどだと思います。
 
 
 

今回のボランティアで撮ったセブの写真、子どもたちや暮らしている家、目で見てきたことを友達や家族に伝え、日本人のその先入観を変えていけたら、グローリアセブのボランティアに参加した意義あると思っています。
 
 
たくさんの思い出、貴重な経験が出来て旅行で来るよりも充実して楽しかったと思います。
 
 
 

斉藤さんをはじめスタッフ、そしてインターンの方などたくさんの人のおかげで充実した7日間を過ごせました。
 
これを機に他の国々にもボランティアとして子どもたちと触れ合いたいと思っています。
発展途上にある地域や貧困層の地域へ行くときには違った視点や考え方を持って臨みたいです。
 
 

本当に楽しい7日間でした。
 
 
 

2018年9月13日~19日