自分勝手な思い込みで不安だったスラム街の現実

フィリピン セブ ソーシャルボランティア体験談

花乃
 
グローリアセブでのボランティア活動を通して、自分がいかに自分の中の考えにとらわれていたのかということを感じました。
 
フィリピンのスラム街というと危険というイメージがあり、参加するのを決める際にもとてもそこが不安でした。
 
しかし、実際にスラム街で出会った人達はとても明るく、優しく私達を迎え入れてくれて、人のあたたかさを感じることがとても多かったです。
 
特に、子ども達は純粋で笑顔がキラキラと輝いていて幸せそうでした。
 
 
貧しい生活をすることを余儀なくされている=不幸せであると、どこかで勝手に決めつけていましたが、実際はそうではないのだということがとても驚きでした。
ボランティアをしに行った私の方が、元気や笑顔をたくさんもらって、とてもあたたかい気持ちになりました。
 
 
その一方で実際の生活も知ることができました。
 
スラム街には多くのゴミが落ちていてゴミの上に建てられた多くの家の周りには、犬やニワトリが放し飼いにされ、臭いもキツく、衛星状態にとても良いといえるものではなく、想像を超えるものでした。
 
インターネット上の情報だけでは決して知ることのできなかったスラム街のリアルを知ることができ、とてもよかったと思っています。
 
 
また、今回多くの子ども達と関わる中で印象的だったのは、子ども達の多くが夢や目標を持って、前向きに生きていることです。
 
生まれ育つ環境がどれほど恵まれていないものであったとしても、前向きに生きようとしている姿を見て、自分ももっと頑張らなければと思いました。
 
 
しかし、現実は厳しく子ども達の夢が叶う可能性は1%以下であるということも知りました。
 
子ども達には夢を叶えて欲しいですが、今の自分には何もできません。
自分が何かを変えられると思ってはいませんでしたが、これほどまでに無力な自分にとても悲しく、悔しくなりました。
 
子ども達のために何ができるのか、今はまだ分かりません。
しかし、これからもずっと考え続けていくことが今の自分にできることの1つだと思います。
 
1週間の中で見たこと、感じたことを忘れずこれからも生きていきます。

 
 
2022年9月
 
 

 
 

 
子どもたちの写真や活動の様子を、セブ島から発信してます! (ロゴをクリック)