海外ボランティア参加前の大学生が本当に知りたいことまとめ

海外ボランティアを躊躇うのは、ほとんどの場合、事前の情報不足が原因です。
 
特に海外初心者の大学生なら、疑問や参加する前に知っておきたいことが多いハズ。

 

 

この記事ではウェブサイトや資料にはあまり載っていない情報を、フィリピンで大学生ボランティアを受け入れている国際ボランティア団体 グローリアセブの代表が解説します。

 

 

1.参加を決める前に知りたいこと
2.自分にはどんなプログラムが合っているのか
3.申し込み後の渡航手続き
の順番で説明します。

 

海外ボランティアに参加する大学生

参加を決める前に知りたいこと

・どんな人が参加しているのか
・苦労することは
・現地集合は不安
・危険とか大丈夫
・自分になにができる

 

海外初心者の大学生が知りたいのは主にこの5つ。

どれもウェブサイトでは詳しく紹介されていない情報です。
 
ひとつずつ回答します。
 
 
海外ボランティア初心者の女子大生が多い

グローリアセブに参加しているボランティアの内訳を見てください。
 
大学生 76%
社会人 22%
その他   2%
 
 

女性 73%
男性 27%
 
 

海外ボランティア経験
あり   6%
なし 94%

 
 
 

大づかみに言うと、海外ボランティアに初めて参加する女性が約8割を占めています。
 
この内訳はフィリピンに限らず他国でのボランティアでも大差ないと思います。
 
また、全体の70%がお一人での参加です。

 
 
 

大学生の参加の動機は
 
・大学で国際協力について勉強しているから
・テレビで世界の貧困を知り興味を持ったから
・普通の旅行では体験できない刺激が欲しかった
・友だちに誘われたから
・英語に触れられるから

 
 
苦労したのはコミュニケーション

ボランティアで楽しかったことは人との交流と異文化体験。
現地の子どもたちやボランティア仲間との交流、
 
そして旅行では体験できない現地の人たちの暮らしを見たり、日本では食べることのできない食事かできたこと。

 

 

苦労したのは現地の人たちとのコミュニケーション。
ちょっと聞いてみたい質問がスムーズに話せなくて聞いているだけになってしまった。
もう少し自分が英語が話せれば、コミュニケーションできたのに。
 
 

英語が喋れなくて活動に支障があったのではなく、喋れればもっと楽しかった、と言う意味です。

 

 

私は英語は簡単なものしか話せないし、子どもたちもいつも使っているのはフィリピン語。
でも、テンションや反応やジェスチャーでコミュニケーションをとることができ、通じ合え、仲良くなれたのがすごくいい経験でした。
未来

 

 

海外でのボランティアに参加する前の私は、“そんなに英語が得意じゃないのに、どうやって子どもたちと仲良くなればいいのだろう…?”という不安でいっぱいでした。

しかし、言葉ではお互いの意思疎通がはかれなくても、遊びを通して、“今あの子はこう考えているじゃないだろうか”となんとなく予想が出来るようになり、それからは上手く意思疎通をはかれるようになりました。
優香

 

 

英語全然喋れない私だったけど、そんなの関係なく子供たちとの絆ができたように感じます。
ただでも、もう少し英語が出来たらもっといいものになったと思う!ので日本に帰ったら英語を勉強したいと思いました。
梨沙

 
 
 

英語が喋れないことを理由に参加を躊躇う大学生が多いのですが、この二つに該当しなければ英語が苦手な大学生でも大丈夫。
 
・介護や教員など専門職系のプログラム
・欧米での活動

 

その理由はこの記事に詳しく書きました。
英語が喋れないと海外ボランティアはできないのか

 

 

海外ボランティアに参加する大学生

 

海外ボランティアは現地集合が基本

海外への渡航自体が初めて、と言う大学生も少なくありません。
 
現地の空港に到着後、入国手続きや荷物の受け取りでわからないことが起きても英語で上手く伝えられないし。
迎えに来てくれる人と会えるのか心配。
 
だから、日本から同行してくれる人がいるプログラムを希望。

 

 

海外ボランティアで日本から同行してくれるスタッフがいるプログラムは、ほぼありません。
 
でも心配は不要です。
 
 
日本からの直行便を利用すれば乗客も日本人が多いでしょう。
 
現地の空港に到着後、わからないことがあったら気兼ねなく聞けば大丈夫。
また、空港スタッフもわかりやすく説明してくれます。
 
 
海外が初心者の大学生には、乗継便の利用はおすすめしません。

 
 
 

集合は空港内の所定の場所か、ホテルなど宿泊先の場合のふたつ。
 
空港集合の場合は迎えに来てくれた人があなたを探してくれるので目立つ場所にいるようにしてください。
 
 
宿泊先集合の場合は、タクシーなどで自力で行かなければならないのでちょっとハードルは高め。
事前に行き方など良く確認しておいてください。

 

 

どうしても不安な人はお友だちと一緒に参加するのも良いでしょう。

 
 
旅行もボランティアもリスクは変わらない

受け入れ先がしっかりした団体であればボランティアだからと言って過剰に危険を心配することはありません。
 
海外ボランティアの危険性が高いなら、そもそもどこも募集などしません。
 
 

しっかりした受け入れ先とは

 

・現地にスタッフが常駐している事務所があり、現地事情に詳しい
・何か起きたときは現地スタッフが24hサポートしてくれる体制がある
・責任を持って運営している
(現地にプログラムを丸投げし、募集業務のみ行っている仲介業者は?)

 

 

海外でのリスクはボランティアだから高く旅行だと低いわけではありません。
理由はトラブルは自由行動の時間に起きやすいから。

 

 

語学留学の方が安全と思う大学生もいるかもしれませんが答えはNoです。
理由は繰り返しになりますが、なにかのトラブルが起きるとしたら自由行動の時間だから。
 
旅行もボランティアも留学もリスクは同じです。

 

 

訪問する国に関係なく、自由時間もいつも集団行動を心がけておくと良いでしょう。

 
 
できることは現地に来てから考えればok

参加前から自分にはなにができるのか、なんて悩まないでください。
極端に言えば、できることやすべきことは現地に行ってから考えればいいのです。

 

 

大学生の多くは専門的な知識もスキルも持っていません。
興味があったから参加した人。

 

 

活動のプログラムは決まっていますが、これができなきゃダメなどと言うプログラムはありません。
もしあったら事前に説明されているハズです。

 
 
 

現地に行って決められた活動をこなし色々なことを見聞していく中で、自分にできること、やってみたいことが見つかったらチャレンジしてください。
 
短期ボランティアだと時間はアッと言う間に過ぎてしまいますが、帰国してからでもできることはあります。
 
 

あなたの経験したことを情報発信する
寄付する物資を集める
参加した団体の活動にインターンで参加してみる

 

 

海外ボランティア初心者の大学生なら、現地での役立ちよりも、まず経験して知識を得ることを考えると良いと思います。

 

大学生の海外ボランティア

大学生のタイプ別 5つのボランティアプログラム

参加するとして、自分にはどんなプログラムが合っているのか。
ここでは目的や動機別に大学生向けのプログラムをアドバイスします。

 

 

スキルアップや専門技術を経験したい学生
看護師や介護福祉関係の仕事を目指している学生は、高齢者福祉施設や障がい者施設でのボランティア。
 
教職を目指している学生なら小学校や幼稚園での活動。
 
 
場所は英語圏または欧州
1週間から募集しているプログラムあり
活動は現地では受け入れ先施設の規則に従う
基本的な英会話力が必要
書類選考がある場合も。
 
専門職系のプログラムは、ボランティアではなくインターンシップと呼ばれることが多いです。

 

 

将来、国際協力機関で働きたい学生
途上国でのボランティアまたはNGOのインターンスタッフとして仕事をする方法があります。
 
活動先は東南アジアやアフリカなど発展途上国
インターンスタッフの場合は1か月から半年、一年の長期間、現地滞在。
書類や面接での選考あり
現地での住まいや活動経費は基本的にNGOが支払うから支出は抑えられる。
 
興味のある学生は、日本のNGO団体のホームページで募集記事を探してみてください。
ボランティアプログラムなら一週間程度の短期でも参加可能です。

 

 

英語力を向上させたい
海外でのボランティア活動を通して英語力も鍛えたいと考えているなら、語学留学とボランティアを組み合わせたプログラムをおすすめします。
 
理由はボランティアだけですと使う英語が限られてしまうから。
 
はじめに語学学校に入学し英語のレッスンを受け、その後ボランティア活動に参加します。

 

 

留学先として人気があるのはアメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン、イギリス、ニュージーランド、マルタ。
 
自分がどんなボランティアをしたいかで渡航する国を決めてください。
 
語学留学とボランティアがセットになったプログラムもあります。
これなら煩わしい手続きは軽減されますね。
 
フィリピン ボランティア留学
 

 

なにかできることをしたいと考えている学生
具体的な要望がなく海外ボランティア初心者の大学生なら、子どもと関わるボランティアが良いでしょう。
 
現地の子どもたちにごはんを配ったり、一緒に遊んだり、勉強の面倒を見たり。
 
子ども好きの人なら誰もが気軽に参加できます。
 
 

候補としてはフィリピンなど東南アジア。
日本から近いので短期で参加できます。

 

 

体力に自信あり、体を使いたい
植林や農作業など環境系ボランティア、また小学校の建設など現地の人たちと共に汗を流すプログラムはいかがでしょうか。
ホームスティで現地の生活にどっぷり浸かります。
 
場所はアフリカ、インドなど
期間は1か月以上の中長期。

 

 

 

タイプ別に5つのプログラムを紹介しましたが、実は、はっきりとした目的を持って海外ボランティアに参加する人は少ないんです。

 

 

普通の海外旅行じゃ味わえない体験をしたい
なんか楽しそう
子どもが好きだから

 

 

大学生の場合はこのような動機で参加する人が半数以上。
 
特に目的は持ってなく、海外ボランティアが初めての学生なら、東南アジアの子どもと交流するプログラムが一番おすすめです。

 

フィリピンのボランティア

申し込み後の渡航手続き

はじめての海外なら渡航手続きも慣れないことばかり。
ここでは必要な手続きについて説明します。
 
 

パスポート持ってない

パスポートの申請には申請書、戸籍謄本、写真、本人確認書類(マイナンバーなど)が必要です。
申請書はスマホで事前にダウンロードすることも可能。
申請から取得までは1週間程度です。
 
 

航空券は旅行会社によって金額が違う

同じ便でも旅行会社によって値段が違う場合があります。
例えばHISは9万円、楽天トラベルだと8万円など。
 
予約する前に比較サイトなどで料金を確かめるか、いつくかの旅行会社のサイトで同じ便の値段を確かめてください。
 
 

出発前にビザが必要な主な国
インド
カンボジア
ネパール
アフリカ諸国の約8割
 
その他の国も、1か月以上滞在する場合や、留学、インターンを目的とした渡航の場合はビザが必要になります。

受け入れ先に確認してください。
 
 

海外保険の申し込み方法
申し込みは
航空券を買った旅行会社
保険会社のサイト
出発日の当時に空港で
の3つ。
 
 

簡単なのは航空券と一緒に保険も旅行会社へ申込
金額重視なら保険会社のサイトをチェックしてオンライン加入

 

 

海外保険について詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。
海外ボランティアと留学なら知っておきたい海外保険の使い方

 

 

予防接種は必要か
WHOに伝染病感染地域と指定された国へ渡航する場合、その伝染病に対する予防接種が必要になります。
主にアフリカや南米など。

 

渡航予定の国で予防接種が必要かどうかは厚生労働省のサイトで確認できます。
 
厚生労働省検疫所 FORTH

親に反対されたときの対処

少し話題が変わりますが、申し込みをした後、親に話したら反対された。
少なくない事例です。
 
 

親が子どもの安全を心配するのは当たり前。
まして、ご自身が経験したことない海外ボランティアならなおのこと。

 

 

ご両親に自分の参加したい気持ちや熱意をしっかり伝えてください。
その上で、ご両親が抱えている不安点を聞き、ひとつづつ答える。

 
 
どんな人たちと一緒になるのか
宿泊施設は安全な場所なのか
ひとりになることはないのか
受け入れ先は信頼できるのか
何かあったらすぐに連絡が取れるか

 
今までの経験からご両親が心配する点はこの5つ。
 
自分でわからないことは受け入れ先に確認してください。

 

友だちと参加することで、ご両親の不安は少し軽減されるかもしれません。

海外ボランティアに参加する大学生は増え続ける

初めて海外ボランティアに参加する大学生が知りたいこと。
特にネットにはあまり出ていない情報を中心に解説しました。

 

人によっては知りたいことがもっとあると思いますが、あまり細部には拘らず、コレと思ったら行動することが大切だと思います。

 

 

海外に行き、ボランティア活動や海外の文化を経験してわかることの方が多いんです。
その経験のすべてが大学生の財産になります。

 

 

 

埼玉大学が平成27年に首都圏の大学生300名を対象にボランティア活動に関する興味と関心について調査しました。
 
それによると23%の大学生が海外ボランティアに関心を持っていると回答。
全17項目のボランティア活動の中で5番目に高い数字でした。

 

 

一方で実際に海外ボランティアに参加したことがあると答えた学生は3%にとどまっている。

 

 

大学生の海外ボランティア参加者はこれから益々増えて行くでしょう。
 
 

海外ボランティアなら、日本から近くて安いフィリピン セブ島へ