セブで不安な空港送迎とタクシー。日本人スタッフがサポート

マクタン空港

海外経験は空港からはじまる

海外ボランティアに参加する方が、まず不安になるのが空港での送迎。
 
空港に到着した時に送迎をしてくれる人とちゃんと会えるか。
送迎をするのはどんな人なのかを不安に思う人が多いと思います。
 
 
ボランティアエージェントの中には、コストを抑えるために現地のレンタカー会社に送迎を丸投げしている場合もあり、空港でピックアップができなかったりフライトが遅れて送迎スタッフと会えなかったりすることもありますので不安。

 
 

また、セブの宿泊先からボランティア先までボランティアさんがタクシーで自分で行かなければならないため海外ボランティアに不慣れな方はとても不安だと思います。
 
 

セブのタクシーはマナーや運転技術が日本とは異なります。

日本人スタッフがサポート

グローリアセブでは参加者の方が不安にならないようセブの空港から宿泊先まで、日本人スタッフ、または日系の旅行会社の関係者が送迎を行っています。
 

フライトの遅れなど予期しないことが起きても、送迎のプロが対応しますので、お一人で参加する方や海外ボランティアが初めての方でも不安はなし。

 
 

セブ以外にもタイ、インドネシア、カンボジアなど多くの国を扱っている海外ボランティアエージェントの場合、基本的に宿泊施設からボランティア先までの往復移動は、参加者がタクシーを利用するようになることも不安の要因です。
 
 
セブのタクシーは日本とは違いますので料金を支払うときにトラブルになったり、ボランティア先と違う場所に連れていかれることもしばしば。
 

朝夕はタクシーがなかなか捕まりません。
グローリアセブのソーシャルボランティアでは参加者が不安にならないよう、ボランティア先まで往復送迎します。

ボランティア先へも送迎

海外ボランティアに参加されるほとんどの方は海外でのボランティア経験がなく、参加前からとても不安な気持ちだと思います。
 
 
グローリアセブでは不慣れな海外ボランティアのために活動先へは毎日車で送迎しています。
宿泊先までお迎えに行き、活動後は宿泊先まで送迎。
これなら海外が初めての方も安心。
 
 

グローリアセブでは宿泊施設や食事、治安など出発前から、ボランティアが抱える不安な部分にすべてお答えし、ボランティアのみなさんに安心して活動してもらえるよう努めています。

 
 

セブのボランティアの参加者の感想文をぜひご覧ください。
最初は不安を抱えていたボランティアも、セブに来てからは充実した時間を過ごしています。
 
 
・気軽に質問や問い合わせができます!
・ブログでは公開していない、セブのリアルな情報も配信中!
「国際協力や海外ボランティアに興味がある」「フィリピンのことが知りたい」という方は、ぜひ追加してください。
 
子どもたちの写真や活動の様子を、セブ島から発信してます! (ロゴをクリック)