海外ボランティアの費用を比較すればわかる格安の参加方法

海外ボランティア

海外ボランティアの費用はこんなに幅広い

海外ボランティアに必要な費用には、参加費、渡航費、そして現地での生活費などがあります。
 
今回は受け入れ先や仲介機関に支払う参加費の内訳と、格安に参加するためのヒントを説明します。
 
 
・仲介機関によって違う参加費
・参加費用の内訳
・募集先別の相場
 
この3点です。
 
 
はじめに大雑把ですが2~4週間程度の短期海外ボランティアの参加費は
 
欧米に行く場合 20~25万円
アジアに行く場合 5~10万円
 
いづれも渡航費は含まれていません。
 
訪問先によって3倍から4倍費用が違います。
 
 
アメリカ、カナダ、イギリスなど欧米に行く方は語学留学を兼ねてボランティアに参加する方がほとんど。
そのため、この費用に加えて語学研修費も加算されます。

海外ボランティアの参加費は仲介機関によって複雑

仲介機関や受け入れ先によって、費用の表示方法と内容が異なります。
 
 
年会費(登録費)、ボランティア申込費、現地での寄付や経費を項目毎に料金を明示している仲介機関。
 
参加費として一括で費用を表示している団体。
 
そして航空券も含めてボランティアツアーとして費用を請求する会社。
 
おもにこの3つ。
 

費用の内容はボランティアの受け入れ先や仲介機関によって決まります。
 
 
売り上げが数千万円にも上る大規模NPO、NGO団体の場合、ボランティア参加費と現地の受け入れ先団体に支払われる費用が分かれていたり、ボランティアに参加するために別途会費の支払いを求められる場合も。
 
費用の内訳はわかりますが、いろんな費用項目があるたに結局合計でいくら掛るのかわかりにくいのが欠点。
 
 
ボランティア参加費を一括でいくら、と明示している仲介機関。
一見わかりやすいのですが、食事代や現地での交通費など、参加費に含まれていない費用があるので結局総額でいくらになるのかは不明。
 
 
一番費用がわかりやすいのは旅行会社が募集する海外ボランティアツアー。
 
費用には航空券からホテル代、食事代、現地交通費すべて含まれています。
別途かかるのはお土産代やオプショナルツアー参加など個人的な費用だけ。
 
欠点は費用が割高になることです。
 
海外ボランティア

海外ボランティア参加費の内訳とチェックポイントはココ

参加費に含まれているかどうか、そしてチェックすべきポイントを項目ごとに説明していきます。
 
 
宿泊費
参加費に宿泊費が含まれていないプログラムは皆無。
但し、ルームシェアハウス、ホームスティと言った安価な施設からホテルまで幅広い。
 
 
食費
旅行会社のボランティアツアーや比較的高額なプログラムは一日二食または三食提供されます。
 
逆に言うと、食事代が含まれていないプログラムの方が割安。
現地での食事代は東南アジアの場合、日本の1/3程度です。
 
 
交通費
宿泊施設からボランティア活動先まではどのように行くのか。
受け入れ先がバスやレンタカーを用意してくれるプログラムもあれば、自分でタクシーを利用して向かう場合も。
 
現地での移動交通費は意外とバカになりません。
 
 
空港送迎費
現地の空港から宿泊先までの送迎です。
ほとんどのプログラムはガイドがバンやタクシーで送迎するサービスが含まれていますが、一部には現地の宿泊先集合と言ったプログラムも。
 
移動に不安がなく、費用もその分安いのであれば現地宿泊先集合でも良いのですが、慣れていない人は送迎付きを選ぶべき。
 
 
サポート費
ボランティア活動中のスタッフの同行、病気やトラブル時の対応がサポート費です。
でも、サポートの内容は受け入れ先によって幅がある。
 
a.日本のエージェントにいちいち連絡して指示を仰ぐ
b.現地のスタッフが対応する
c.同行している日本人スタッフが対応する
 
ボランティアエージェントや仲介機関の場合は主にa
旅行会社のボランティアツアーはb
現地に日本人スタッフが常駐しているボランティア団体の場合はc
 
 
活動費または寄付金
海外ボランティアの参加費には現地への寄付金や支援活動に掛る費用が含まれています。
貧困の人たちに配給する食事、イベント費用、古着や物資の支援費用。
 
これらの費用の名称は仲介機関によって異なりますが、一般的には現地での活動費。
ボランティア参加費の一部は現地の人たちのために使われています。
 
 
運営費
平たく言えば仲介機関やエージェントの取り分です。
 
NPOやNGOも自分たちの団体への収入がなれけば存続できません。
人件費、広告宣伝費、研修会や説明会などの運営費、通信費など。
そして利益。
一般企業と同じです。
 
実はこの運営費の額がボランティア参加費に大きく影響しています。

仲介機関別の比較

いくつかの仲介機関またはボランティア団体の参加費を一覧にしてみます。
 
条件は東南アジアで一週間のボランティアプログラム。
渡航費と現地での個人的なお買い物、観光費を除く。
 
 
大手NGO団体 約64,000円
大手旅行会社 144,000円(航空券代含む)
ボランティア仲介業者 72,000円
現地ボランティア団体 59,000円
 
 
参加費に含まれるものは多少異なりますので一概に高い安いの比較はできませんが、概ね現地でボランティア活動をしている団体やNGOの参加費が安く、仲介機関は高いと言うことがわかります。

格安な費用で海外ボランティアに参加できる方法

国からの助成金や就労しながらボランティアができるプログラムを3つご紹介します。
 
 
奨学金で海外に行けるトビタテ! 留学JAPAN
 
2014年にスタートした通称トビタテ。
家庭の収入や渡航目的など厳しい選考基準はありますが、これに通れば国から給付型の奨学金をもらえます。
給付金の金額は条件や留学期間によりますが6万円~数十万円まで。
 
給付人数は千人前後と限られているため狭き門かもしれませんが、応募する価値はあります。
審査に通ればほぼ無料で海外ボランティアや留学に参加可能。
 
 
長期滞在ならワーキングホリデー
 
18歳~30歳の方で海外に長期滞在したいならワーキングホリデーもお薦め。
観光ビザでは就労が認められませんが、ワーホリなら働きながら語学研修やボランティアができる。
しかも1~2年の滞在が可能。
 
 
ボランティア団体のインターンシップ
 
海外で活動しているNGOなどのボランティア団体では定期的にインターン生を募集しています。
渡航費用は自分持ちですが、宿泊費や活動費はすべて無料。
 
トビタテやワーホリのような厳格な採用条件はなく、面接と書類選考で。
特に春休みや夏休み期間は募集人数が増えるので問い合わせしてみる価値はあります。

まとめ

海外ボランティアの費用の相場と項目の意味についてご説明しました。
参加費のことだけに目が行きがちですが、その内訳やプログラムの内容には差があります。
 
募集内容を良く見て、疑問に思うことはなんでも質問し、後悔しない海外ボランティアを選んでください。
 
 

海外ボランティアなら、日本から近くて安いフィリピン セブ島へ
▶春休み 夏休みボランティア icon-external-link
▶地域開発ボランティア icon-external-link
▶語学研修付きボランティア留学 icon-external-link