フィリピンのストリートチルドレンを支援するボランティア

フィリピン セブのストリートチルドレンには学校へ通いたいと思っている子や、子どもを学校へ通わせたいと考えている母親がたくさんいます。
 
グローリアセブではフィリピン セブのストリートチルドレンが学校へ通うことのできるボランティアを行っています。

 
 
ストリートチルドレンになってしまった原因、支援の内容、そして大学生、社会人が参加できるフィリピン セブのストリートチルドレンのボランティアをご紹介します。
 
セブのストートチルドレン

ストリートチルドレンの生活

セブの路上で物売りや物乞いをしているストリートチルドレンの多くは学校には行っていません。
 
その原因は朝から観光客やフィリピン人に対して物売りを親から強いられているので学校に通う時間などないから。
 
 

また、学校に行きたくても手元にあるお金はすべて家族の食費に充てられてしまい、制服や文具などを買うお金はないため学校に通う余裕がないことも原因のひとつです。

 
 
 

スリトートチルドレンはビルの軒下などで暮らし、朝の10時ぐらいから商売をはじめそれは夜遅くまで続きます。

 

セブの歓楽街で活動するストリートチルドレンの場合は夕方から深夜までが活動時間。
 
観光客や現地の人にお金をせびったりモノを売って、生きていくための収入を得ていますので学校に通う余裕はありません。

ストリートチルドレンになった本当の原因

子どもが学校へ行かずストリートチルドレンになってしまった原因、
家庭が貧困で食べるためのお金を稼がなければならない、
 
これも原因のひとつですが本当の原因は違います。
 
 

ストリートチルドレンの母親もおばあちゃんも親せきも、みんなストリートチルドレンだったことが本当の原因です。

 
 
母親の最終学歴は小学校卒業、または小学校中退。

 

ですので子どもも親もストリートチルドレン以外に稼ぐ方法を知りません。
 
小さいころから親の仕事を見て育ち、7歳になるころには学校には行かず親の仕事を手伝うようになってストリートチルドレンとしての道を歩んでいきます。

 

 

学校に通い先生や友達と交流することで、フィリピンの社会のことを知れば生きるスベを学ぶことができます。
 
しかしストリートチルドレンだった親の教えや、友だちのみんながストリートチルドレンと言う環境では自分もストリートチルドレンの道しかないんです。

 

これがフィリピン セブでストリートチルドレンをしている子どもの本当の原因です。

学校に通う子ども

フィリピン セブのストリートチルドレンの中にも小学校へ通っている子どももいます。

 

彼らはNGOや教会から金銭的な支援を受けている子どもたち。
または、自分の子どもにだけは学校で教育を受けさせたい強く思っている親がいる子。
 
 
NGOやボランティア団体が支援をしても、親が子どもを働かせることを優先してしまったら、子どもは学校へは行かなくなりストリートチルドレンに戻ってしまいます。
 
 
NGOからの学用品などの支援はとても大切ですが、一番大切なことは親の意識。
 

 
子どもを学校に通わせたいと思っているストリートチルドレンの親と、支援がマッチしてはじめて子どもは学校に通うことができます。
 
 
ストリートチルドレンの母親は小学校ですら卒業していません。

 

その母親に教育の大切さを伝えることもNGOの大切な活動です。

ストリートチルドレンを学校に通わせる支援

グローリアセブではフィリピンのストリートチルドレンが学校へ通い、将来のために適切な教育を受けるボランティアを行っています。
 

フィリピンの新学期、6月に学用品などをストリートチルドレンに配布することからはじまり、学校へ通っている期間に掛かる費用や食事代などを支給。
 
 

また、路上で補習授業を行い子どもが学校をドロップアウトしないようサポートしています。

 
 

子どもには学ぶ楽しさを、母親には子どもの将来のためには教育を受けることが大切だと言うことを理解してもらうことが一番重要です。

 

セブのストリートチルドレン

子どもの教育を支援するボランティア

グローアセブのボランティア活動にはどなたでも参加していただけます。

 

ストリートチルドレンの支援に関わりたい、子どもの様子や生活環境を知りたいと思っている方はグローリアセブのボランティアに参加して子どもたちと交流してください。
 
春休みや夏休みに参加できるセブ島ソーシャルボランティア
 
 

海外ボランティアなら、日本から近くて安いフィリピン セブ島へ
▶春休み 夏休みボランティア icon-external-link
▶地域開発ボランティア icon-external-link
▶語学研修付きボランティア留学 icon-external-link