フィリピンの小学生の一日


フィリピンの小学校の登校時間は朝7時

フィリピンの小学校

フィリピンの小学校は7時30分に全校朝礼が始まります。

 

朝礼では国歌を斉唱し先生のお話を聞きます。
小学校には幼稚園も併設されていますので幼稚園児も一緒に朝礼に参加。
フィリピンではパブリックな集まりでは国家を斉唱することが習慣になっています。

 

朝礼が終わると生徒は教室内の清掃など行い、一限目の授業は8時から。

 

授業時間は一科目約1時間でお昼休みまで途中の休み時間はありません。

お昼休みは12時から1時。

 

一日の授業の終了は学年によって異なり低学年だと2時30分ごろ、高学年は4時ごろです。

小学校の授業

小学校インターンシップ

クラスごとに担任の先生がいますが授業を行う先生は科目ごとに違います。
日本の中学校と同じシステム。

 

異なるのは担当の先生が教室にやってくるのではなく、生徒が先生の授業が行われる教室に移動すること。
これは日本の大学のスタイルです。

 

授業は国語、数学、英語などに加えて、カトリックの国フィリピンならではのユニークな授業もあります。

先生が課題を与えグループで考え発表する学習方法が多く取られていることも特徴的。

フィリピンの学校教育方針

フィリピンの小学校

公立の学校は生徒数がとても多く、また家庭環境の異なる子供たちが集まるため一律的な教育をすることができません。

公立の小学校でも優秀な子供が入る特別クラスと一般の子供が入るクラスにわけられていて、それぞれ異なるレベルの授業が行われています。

 

80点以上の成績の生徒で本人が希望すれば特別クラスに入れます。

特別クラスではコンピューターなど一般クラスでは行われていない授業を受けることができますが、別途教材費を支払わなければなりません。

お昼休み

小学校インターンシップ

フィリピンには給食制度がありませんので生徒はお弁当を持参するか、または母親がお昼休みに学校へお弁当を持って来て子供と一緒に食べます。

 

お昼休みの校庭はまるでピクニックのよう。

下校時間は母親がお迎えに

フィリピンの小学校

授業が終わると低学年クラスの場合、先生が校門まで生徒を引率し、迎えに来た母親や保護者に引き合わせます。

 

フィリピンの市街地の小学校は学区が広範囲なため、オートバイや乗り合いバスのジプニーが通学している生徒が多数。

母親や親せきが我が子の登下校に付き添っています。

 

高学年になると友達と一緒に下校するケースが多いのですが、中には家まで徒歩1時間掛かる子も珍しくありません。

小学生の一日

生徒の多くは朝6時には家を出て小学校へ通学します。

中には5時30分と言う子も。

 

7時には学校へ到着し4時頃まで授業。

その後帰宅して宿題をしたりテレビを観たり。

朝早いため10時には就寝します。

 

 

但し、貧困家庭の子どもは下校後、母親の仕事を手伝ったり自ら物売りをしなければならず過酷な毎日を過ごしています。

 

また、フィリピンの大規模小学校では生徒数に対して教室が不足しているために午前組と午後組に分けている学校もあります。

 

午前組の場合は6時に授業が始まりますので起床は4時。

午後組は1時から。

 

これは生徒の希望ではなく学校側で振り分けられます。

小学校は4学期制

新学期のスタートは6月。

1学期は6月から8月。

2学期は8月から10月、3学期は11月から12月、そして4学期が1月から3月です。

3月下旬に終業式や卒業式が行われ、4月、5月は夏休み。

 

 

日本の学校とは異なる点がたくさんありますね。

フィリピン公立小学校インターンシップでは、フィリピンと日本の教育方法、文化、そして子供たちの性格の違いなども知ることができますので、海外の教育に興味のある方や将来教職を目指している方にお薦めです。

合わせて読みたい関連記事: