途上国の貧困女性の自立を支援するフェアトレードと就労体験


フェアトレード製品づくり

途上国の生産者の自立と生活を支援するフェアトレード

フェアトレードは発展途上国の植物などを原料とした製品を適正な値段でで購入しその売上げが貧困層の手元に行く公正な貿易のしくみです。
生産地の途上国はアジアやアフリカ、中南米に多くコーヒーやカカオ、刺繍などの手工芸品が フェアトレード製品として有名です。
あなたの回りにも海外のフェアトレード製品がいくつかあると思います。

経済的に満足な子育てができない途上国の貧困女性

アジアの途上国では経済的に自立していない10代で子どもを産むケースが多くそのため栄養失調の子どもや学校に行けない子どもがたくさんいます。また、夫のDVや浮気に悩み子どもを連れて家を飛び出す女性も多く、シングルマザーとなった貧困女性は自分と子どもの生活費をひとりで稼がなければなりません。

 

アジアの途上国のひとつ、フィリピンにもココナッツやモリンガを原料としたフェアトレード製品が盛んにつくられ日本でも販売されていますが、生産者は貧困地域に住む女性やシングルマザーが多く、子育てをしながら空いた時間に手工芸品やリサイクル品の製造に励んでいます。

 

最近ではフェアトレードの展示即売イベントやフェアトレード製品を専門に扱うネットショップもありますが、みなさんが購入する製品の売上げは間接的に途上国の貧困女性とシングルマザーの収入となっています。

 

貧困女性の生活支援

途上国のシングルマザーの自立を支援するフェアトレード

フィリピンのセブには日本人女性が経営するフェアトレード工房があります。家庭が貧困で義務教育すら受けることができないていない途上国の貧困女性を適正な賃金で雇用し、ココナッツオイル、石鹸、キャンドル、リサイクルバッグ、アクセサリーなどのフェアトレード製品の製造を行っています。

また、セブのスラムや貧困地域でシングルマザーに手工芸品の作り方を教え出来た製品を母親たちから買い上げる支援活動も行っています。

 

この工房で働くシングルマザーの願いは自分の子どもを学校に行かせること、若い女性スタッフの願いは高校や大学に復学すること。
工房のオーナーは日本ではあたり前の彼らの願いをかなえるためにフェアトレード製品の製造を行っています。
つくられた製品はホテルやギフトショップ、ダイビングショップなど主にセブ島で販売されていますが、通信販売で日本でも購入することができます。

 

フェアトレード工房での就労体験

あなたにもできる海外の貧困女性の自立を支援する活動

このフェアトレード工房では貧困層のフィリピン人スタッフやシングルマザーと一緒に手工芸品をつくる就労体験プログラムがあり、工房での仕事を通じて途上国のフェアトレードのしくみや問題点を学ぶことができます。
あなたがつくった手工芸品はフィリピンや日本で販売し、その売上げがシングルマザーや貧困女性の賃金として支払われ子どもや家族の養育費や食費、学費に充てられます。

 

アジアの途上国の貧困問題、貧困支援活動、そして国際文化などに興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

フィリピン セブ島 フェアトレード工房での就労体験と貧困女性を支援するボランティア

合わせて読みたい関連記事: