不登校の原因は結婚と貧困【フィリピンの子ども】

フィリピンでは、学校に通っていない子どもが、6才-14歳で3.5%、15才-24才では17.5%もいます。
 
そして、高校生の18.4%、小学生でも12.5%が、学校を卒業せずに途中でドロップアウトしてしまう現実。
(2015年 フィリピン統計局の調査による)
 
 
子どもはなぜ学校に通うのを止めてしまうのか。
 
フィリピンでストリートチルドレンの就学支援活動を行っている国際ボランティア団体、グローリアセブが解説します。
 
 
結論から先に言うと、その原因は3つに集約されます。
 
1.結婚、同棲、出産
2.家が貧困
3.学校に興味がない
 
 
目次

 

フィリピンの義務教育は13年間

小学校の通学風景
 
フィリピンの教育制度は、K to 12と呼ばれています。
 
kは幼稚園、12は小学校の6年間と高校6年間を合わせた年数です。
 
6才から18才までを義務教育としているのは世界でも稀で、アジアでは唯一です。
 
 
高校まで義務教育と定めることで、教育を重視しているフィリピン政府の姿勢がわかります。
 
しかし、高校卒業までを義務教育としないと、15才以上の就学者がいなくなると言う見方もできます。

不登校の理由は結婚と貧困


 
このグラフは、フィリピンの統計局、National Demographic and Health Surveyが、2014年に公表した、義務教育期間中に不登校になってしまった子どもの原因です。
 
 
なんと、原因の一位は結婚で22.9%。
 
女の子に限ると36.2%が、義務教育期間中に結婚したことが理由で不登校になっています。
 
 
続いて多い原因が貧困で22.7%。
 
そして、そもそも学校に興味がないと答えた子が19.1%
 
 
この3つの理由で、不登校になった子ども全体の64.7%を占めています。
 
 
結婚
貧困
学校に興味がない
 
これらの理由を深掘りしていきます。

10代の子どもの10%が出産

母親と赤ちゃん
 
National Demographic and Health Survey(フィリピン統計局)の調査では、15〜19才の女性のうち10人にひとりが、すでに子どもがいるか、または妊娠中です。
 
さらに20〜24歳までの女性だと、2人にひとりと高くなります。
 
 
フィリピンでは若年で同棲、結婚、出産をする子どもが多く、15-19才では、既婚者が1.4%、同棲している子が7.1%、そしてすでに子どもがいる子が10%。
 
 
 
その理由で考えられるのは
 
・避妊しない
カトリックの国、フィリピンでは中絶は違法行為になります。
また、避妊をしないで性行為におよぶ人たちがたくさんいます。
 
・性教育を受けていない
学校には、性教育を教える授業がありません。
 
・周りが生んでいるから自分も生みたい
自分の周りに10代で子どもを授かっている母親がたくさんいる。
だから、自分も子どもが欲しいと思うようになる。

国民の16.6%が貧困

2018年現在、一人当たりの収入が、基本的な食料と非食料のニーズを満たすのに十分でないフィリピン人の割合は、16.6%と推定されました。
 
これは国民の1,760万人に相当します。
 
 
毎日の食べるものにも困っている家庭が、子どもの教育費を捻出するのは困難です。
 
 
もちろん、義務教育期間の公立学校では、授業料は無料ですが、制服や文房具など年間で15,000円程度がかかると言われています。
それ以外にも通学費や昼食代がかかります。
 
 
例えば一年間に3万円がかるとしたら、13年間では39万円。
途方もない金額です。
 
 
小学校には入学したものの、親が継続的に教育費を支払うことができず、途中で不登校になってしまいます。

就学に興味なし

不登校者の約5人にひとりは、学校に通うことに対して興味がない、つまり価値がないと答えました。
 
これは親の考え方を反映した回答です。
 
そもそも、貧困層の親は義務教育を完了していません。
最終学歴は良くて小卒、小学校中退者も少なくありません。
 
でも、自営の仕事を見つけて、収入を得、家族を養っている。
 
 
我が子を学校に通わせるための教育費を捻出するぐらいなら、仕事をさせて家計の助けをして欲しい。
 
義務教育を受けていなくても、稼げることを親は身をもって知っているから、子どもの教育に興味がないのです。

日本とフィリピン 不登校の理由の違い

文部科学省が発表した、児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査2018年によると、日本の不登校生徒の割合は
 
小学生 0.7%
中学生 3.6%
高校生 1.6%
 
 
 
不登校者の割合が最も高い中学生が、学校に行きたくない原因
(日本財団統計データ2018年/複数回答)
 
朝、起きられない 59.5%
疲れる 58.2%
学校に行こうとすると体調が悪くなる 52.9%
授業がよくわからない・ついていけない 49.9%
学校は居心地が悪い 46.1%
友達とうまくいかない 46.1%
自分でもよくわからない 44.0%
学校に行く意味がわからない 42.9%
先生とうまくいかない/頼れない 38.0%
小学校の時と比べて、良い成績が取れない 33.9%
 
 
怠け癖と思われてもしかたないような理由が上位を占めています。
 
フィリピンと日本の子どもの不登校の理由には、大きな違いがあるとこがわかります。

不登校の子どもを減らす方法

母親とのミーティング風景
 
不登校の子どもを減らし、義務教育を完了させるための方法はひとつではありません。
 
結婚や出産が理由で不登校になる子が多いフィリピンでは、義務教育期間中は恋人をつくってはいけない、と教えるNGOや教会もあります。
 
学校に通うために、金銭面のサポートをしているボランティア団体も。
 
 
不登校をなくす解決方法は、ひとつだけではありませんが、一番重要なことは、親の意識改革です。
 
子どもが教育を受ければ、将来は貧困生活から脱出できる。
この意識を親に理解してもらうことが、就学率を高める一番の方法だと思います。
 
 
グローリアセブでは、子どもたちの就学支援と併せて、母親とのミーティングを毎月行い、親の意識改革にも努めています。
 
 
フィリピンのリアルな情報を、セブ島から発信してます!
「国際協力」や「海外ボランティア」に興味がある方は、ぜひ追加してください。

 
 

海外ボランティアなら、日本から近くて安いフィリピン セブ島へ